2018/01/27

焼肉特急 西昆陽171駅 お肉が特急列車でやってくる!今話題の店に行ってきました。

 
焼肉特急 西昆陽



この記事を書いている人 - WRITER -
レオ
熱狂的尼崎市民、死ぬまで尼崎に住み続けたいと思ってます。 世間一般では悪いイメージもあるかもしれへんけどこれほど「住めば都」っていうことわざをここまで体現してる街はないと本気で思ってます。

171号線沿いに11月8日にオープンした焼肉特急 西昆陽171駅に先日あまたび編集部で行ってまいりました!

オープン後も「焼肉特急」のワードで多く調べられていた今注目の焼肉店!どんな感じなのかその様子をレポートします!

ちなみに入店30分程でお酒が結構回っていましたので、グルメレポというよりはこんな店!っていうのを感じてもらえたらうれしいで!

レオ

話題の焼肉特急にあまたび編集部で行ってきました。

今日は焼肉特急行きますか!

ガシ

がしの鶴の一声で決定した焼肉特急、めっちゃ検索経由で焼肉特急の記事が見られていたので、こちらとしても興味津々!

結論から言うと、こどもがめっちゃ喜びそうなお店でした。

(心なしかガシもウキウキしてる感じ)

階段登ってすぐに目に入るのは「今日の焼肉が、明日の笑顔になりますように。」という文字と、駅でよく見るあの看板。焼肉特急 西昆陽171駅と書かれています。素敵!

喫煙者は要チェック!受動喫煙の防止等に関する条例ってやつで全席禁煙です。入り口に灰皿が設置されていますので、どうしても吸いたい方は一度お店を出るべし!

店内はめっちゃ駅&車内!

そうここは西昆陽171駅、焼肉屋でありながら、駅でもあるんです。だから店員さんも「ご入店ありがとうございます」ではなく、「ご乗車ありがとうございます」って言います。

もう何もかもが駅です。島ごとに〇〇号車と区切られています。しかも通路には吊革と車内広告がイン!小さい子って何故か電車が好きな子めっちゃ多いんで、雰囲気だけでもうかなりごきげんさんになれるんではないでしょうか。

ガシが手にしているのはもちろん、座席伝票ではなく、乗車券。西昆陽電鉄の特急列車3号車34番です。細部にまでこだわってます。

▽メニューはこんな感じ(画像クリックで拡大)

単品が全部、衝撃の390円以下です。アルコールは290円、ソフトドリンクは190円!お財布にもやさしいぜ!!

ちなみにドリンクメニュー左上にある西昆陽元気ハイボールはリアルゴールドです。リアルゴールド好きの私はこれを飲み過ぎました。

注文はすべて備え付けのタッチパネルで行うので、店員さんを待たなくてもすぐに注文できます。

焼肉特急の真骨頂、特急列車で届きます。

焼肉特急の一番のウリは食材、飲み物が特急列車から運ばれてきます。「〇〇色のホームに特急列車が到着します。」のアナウンスとともに自分たちの座席に到着する瞬間を御覧ください。

商品を取った後は、レーンについている赤いボタンを押せば車庫へと戻っていきます。

近くの座席では、4歳〜6歳くらいのボタン押したがりマンが2人くらい発生してました。この瞬間が楽しいでしょう。

とにかくお酒が進んで、グビグビ飲んでたので、後から気がついてみればなんと料理の写真はこの1枚のみ。完全な偏見ですけど、お肉に種類が書かれた札が付いてる店ってだいたいおいしくないですか?完全な偏見ですけど。

注文はタッチパネルで、提供は特急列車でという具合に人の手が掛からないようなシステムを構築して、人権コストを下げれた分、質を犠牲にすること無く、低価格で商品を提供できるんでしょう。

しかも特急列車というエンターテイメント性も両立してるから素敵です。

お皿下げるのだけは店員さんやで!

ほぼ自動化されている店内ですが空になったお皿やグラスは、店員さんが下げてくれるので間違ってもレーンには戻さないように!

安くてウマくて楽しいお店です。

低コスト+エンターテイメント性を兼ね備えた焼肉特急、平日の夜に行きましたがめっちゃ賑わっていたので、行く前に電話で確認しておくのをオススメします。ちなみにランチ営業もやってます。

老若男女問わず楽しめる焼肉特急、是非とも一度行ってみて下さーい!

■店名:焼肉特急 西昆陽171駅

■電話番号:06-6431-2914

■住所:兵庫県尼崎市西昆陽2-2-26
グーグルマップで見る

■営業時間
[月~金]
11:30〜15:00(L.O.14:30) 17:00〜23:20(L.O.23:00)
[土・日・祝]
11:30〜23:20(L.O.23:00) ランチL.O.14:30

■定休日:無休

駐車場:58台(共用)

Facebook:焼肉特急 西昆陽171駅

※店舗情報は記事執筆時点のものです

この記事を書いている人 - WRITER -
レオ
熱狂的尼崎市民、死ぬまで尼崎に住み続けたいと思ってます。 世間一般では悪いイメージもあるかもしれへんけどこれほど「住めば都」っていうことわざをここまで体現してる街はないと本気で思ってます。
 

Copyright© 尼崎旅〜あまたび〜 地域情報サイト , 2017 All Rights Reserved.