県立塚口病院の跡地がもう結構建ってきてる。「つかぐち病院(現杉安病院)」と「ザ・パークハウス塚口」

皆様、平成最後のお盆はどのようにお過ごしでしたでしょうか?

あとひと月もすればいよいよ三十路の生誕祭を迎える私、ゆーきです。

ところで皆様は自分が産まれた病院ってご存知ですか?

私はプロフィールでも記載があるように今は亡き県立塚口病院で誕生しました。(今は亡きとは言っても2015年に県立尼崎病院と統合し東難波町の県立尼崎総合医療センターへ移転しています。)

▽県立塚口病院の地図はコチラ

その県立塚口病院の跡地が何になるのかは、ご存知の方も多いはずですが以下、簡単にまとめます。

東側には三菱地所レジデンスの分譲マンション「ザ・パークハウス塚口」が平成31年2月竣工予定!

土地の東側には三菱地所レジデンス株式会社が分譲する「ザ・パークハウス塚口」が新築されます。

▽写真(平成30年8月上旬現在)

まだ幕もとれていませんので、どういったものが建っているのかは不明。

ちなみにこの「ザ・パークハウス塚口」の特徴は、後述の西側に新築される「つかぐち病院」と連携し居住者向けに、マンション敷地内にある「集会室」において、同病院による健康に関するセミナーを実施するとのこと。

こういった住医一体開発体開発というのは、あまり聞いたことがありませんので面白いですよね。
他にも居住者の方に、様々なスポーツクラブへの優待をご提供予定があるとのことです。

「ザ・パークハウス塚口」は平成31年2月に竣工予定となります。

西側には兼誠会「杉安病院」が「つかぐち病院」と名称を変更し平成31年2月に新築移転予定!

西側には現在尾浜町に立地する兼誠会「杉安病院」が移転に伴い「つかぐち病院」と名称変更され、新築移転予定です。

▽写真(平成30年8月上旬現在)

程よく幕も取れて病院っぽい様相になってきましたね。

手前の広いスペースはおそらく駐車場になるのでしょう。

▽写真(平成30年8月上旬現在)

しかし県立塚口病院が無くなってからは塚口駅周辺には大きめの病院がありませんでしたので、こういった開発は地域の方にとっても嬉しいはず。

「つかぐち病院」の開院は平成31年2月を予定しています。