尼崎の週末天気予報【2020年7月4日(土)~7月5日(日)】

週末の尼崎の天気をお伝えする『尼崎の週末天気予報』 ぜひお仕事やレジャーなどの参考にして頂ければと思います!

※天気予報とコラムは、金曜日の資料を基に作成しています。最新の情報につきましては気象庁のHPをご確認下さい。

尼崎の週末天気予報【2020年7月4日(土)~7月5日(日)】

7/4()7/5()

7月4日(

最高27℃ 最低22℃

大雨の恐れ

時間0-1212-24
降水80%50%

7月5日(

最高30℃ 最低24

雨続く

時間0-1212-24
降水50%50%

週間概要

こんにちは! 気象予報士で気象防災アドバイザーの木村司です。
上の画像、見たことがありますか?
1938年(昭和13年)7月3日から5日にかけて、阪神地区で発生した水害の浸水記録を表したもので、阪急園田駅から徒歩10分くらいの所で撮影した看板です。
その水害とは、阪神大水害。7月3日から5日にかけて、兵庫県の神戸市内で総雨量461.8ミリの雨が降るなど、阪神地域を中心に大雨となりました。土砂災害や河川の氾濫などが多くの所で発生し、尼崎市でも猪名川や藻川が決壊したため、人が亡くなるなどの被害があったと記録されています。
看板は見たことなくても、谷崎潤一郎の『細雪』に取り上げられているため、ご存知の方も多いことでしょう。
現在は、猪名川が一部で直線化されるなどの対策がなされているため、同じ量の雨が降ったとしても同じ被害が出るとは限りません。ただ、自分の住んでいる地域での災害を調べ、想像力を深めていくことも、防災に繋がると考えています。

さて、この週末の尼崎の天気は……。
4日土曜日は、梅雨前線の活動が活発になるため雨が降り、大雨になる恐れがあります。道路の側溝や用水路から水が溢れ出したり、道路が水浸しになるなどの被害が出る恐れもあるため、注意が必要です。
5日日曜日も、雨が降りやすい見通し。お出掛けにはあいにくの週末となりそうですので、インターネットなどで過去の災害を調べたり、書籍に目を通したりして過ごすのもいいかもしれませんね。

※情報提供元(@amagasakitenki

気象予報士紹介

MEMO
気象予報士:木村 司(きむら つかさ)

尼崎市在住の気象予報士・気象防災アドバイザー。

現在毎週月曜日、尼崎旅~あまたび~にコラム執筆のほか、毎月第4木曜日に、FMaiaiのモーニングアベニューに出演中。ツイッター@amagasakitenkiでも、主に尼崎の天気に関する情報を毎日発信中。

【ひと言】この春は、新型コロナウイルスの影響もあって、外で体を動かす機会が減った、という方が多いかもしれません。
体力が落ちてしまうのも仕方ないのですが、季節はどんどん進んでいる……。そう、ムシムシする梅雨と暑い夏が近づいているのです
今年の夏も、例年通り厳しい暑さの日が多いと予想されています。
熱中症予防のため、可能な限り体力向上に努めておくとともに、気象情報を有効に活用して、体調管理にお役立てください。