TBS「消えた天才~前田健太編~」に尼崎出身の渡辺大さんが出演されたみたい

2月10日(日)放送のTBSの人気番組「消えた天才 〜超一流が勝てなかった人 大追跡〜」の「メジャーリーガー・前田健太が勝てなかった中学世界一メンバーは今!?」
で尼崎市出身の渡辺大(わたなべだい)さんが出演されていました。

※放送終了後の記事掲載許可は取得しています。

「消えた天才」の”前田健太が勝てなかった中学世界一メンバーは今”で尼崎市出身の渡辺大さんが出演

「消えた天才」とは?
現在、世界を舞台に活躍するトップアスリートやアーティストが過去に全く勝てない程の実力を持ちながら、大きく活躍する事なく姿を消した「天才」達が主役の番組。

「消えた天才」は私自身も大好きな番組で、以前からよく見ていました。

そんな人気番組が今回スポットを当てたのが、世界で活躍するメジャーリーガー前田健太(通称マエケン)選手。前田健太選手は中学時代に日本代表に選出され世界一を経験しているのですが、その当時の日本代表メンバーの今が紹介されました。

その日本代表メンバーの一人として、なんと尼崎市出身の渡辺大さんが出演されていました!

中学時代は尼崎市内のボーイズリーグ「兵庫尼崎」に所属。番組の放送内では野手として世界大会に出場されていましたが、当時の全国大会で投手として、日ハム→巨人で活躍する吉川投手と投げ合い、その試合でノーヒットノーランも記録しています。

140キロに迫る速球と切れのあるフォーク、そして大舞台で力を発揮する強心臓で見事、黄金世代の日本代表入りを果たしています。前田健太さんにも熱い男と紹介され、「現在彼は何していると思いますか」の質問にマエケンさんは「熱い農家」と答えるほど。

高校では地元・市立尼崎高校に進学。

一年生春から異例のAメンバーの練習に混ざり、早くも日本代表の名に相応しいスターの片鱗を見せていました。

この辺でやけに私が渡辺大さんについて詳しいことにお気づきの方もおられると思います。

その通りで、あまたびメンバーの私ガシと渡辺大さんは市立尼崎高校野球部の同級生でございます…。

中学時代から有名選手で、あの「渡辺大」も市尼に来ると心躍ったことを今でも覚えています。

番組内で語っていた右肩の話。

今でも鮮明に覚えています…。

それは遠征先での出来事。試合中に突然聞いたことのない寄声を上げ、グランドにうずくまる渡辺大。(ふざけてるのかと思ってました)

この時は、その後の彼を左右するとは誰もが想像しませんでしたが、ボールを投げた際に重度の肩の負傷を背負いました…。

そこからは長いリハビリ生活(多分3年間ほとんど)となり、思うようなプレーが本人もできなかったことだと思います。肩爆弾さえ無ければ…と今でも私も思います。

ちなみにですが、同じ番組内で世代No.1スラッガーとして紹介されていた智辯和歌山高校の橋本良平選手。僕たち市尼は近畿大会初戦で彼に豪快なホームランを食らっています。中学時に一緒に戦った仲間にコテンパンにやられる。これもよく考えたら不思議な縁ですね。

現在は西宮市内の中学校の先生としてご活躍され、野球部顧問をされています。素敵な奥さんも番組内でご紹介されていました。

こぼれ話。市尼33年ぶり優勝へ導いた平林君は渡辺大さんの教え子

中学の野球部顧問をされているとご紹介されましたが、2016年に市尼が33年ぶりの甲子園を果たしたときのエース平林選手は中学時代の教え子になります。

自分の世代は甲子園出場を果たせなかったのですが、自分の教え子が自分達の夢を叶えてくれました。

これ以上ない素敵なエピソードですので、これも出るかな…と思っていたのですが、無かったですね。(笑)

 

ということで、今回はたまたま身内でしたが、尼崎の方がテレビに出たり活躍されていれば、あまたびでご紹介しようと思います。

■関連記事

【市立尼崎野球部】平林弘人君インタビュー『なぜ下馬評は覆せたのか』