兵庫県警のサイバー犯罪対策課で「情報セキュリティ 10 大脅威 2022」が載ってる

兵庫県警のサイバー犯罪対策課で発行されている「サイバー防犯通信」に「情報セキュリティ10大脅威 2022」が掲載されています。

情報セキュリティ10⼤脅威2022ってなんだ
「独⽴⾏政法⼈情報処理推進機構(IPA)が発表するセキュリティに関する資料。情報セキュリティ専⾨家を中⼼に構成する「10⼤脅威選考会」の協⼒により、2021年に発⽣したセキュリティ事故や攻撃の状況等から脅威を選出し、投票により順位付けして解説している。

脅威を知っておくことが大事!「情報セキュリティ 10大脅威 2022」

兵庫県警のサイバー犯罪対策課で発行されている「サイバー防犯通信

兵庫県警のサイバー犯罪対策課で発行されている「サイバー防犯通信」

2021 年に社会的に影響が大きかったセキュリティ上の脅威を、「10 大脅威選考会」の投票結果に基づいて「個人」と「組織」に分けて脅威を順位付けされています。

詳しくは「サイバー防犯通信」でご覧ください。

順位発表!・・の前に、誰でもできる対策を知っておこう!

自身や大切な方がトラブルに巻き込まれないようには、5つの点に留意しましょう。

ソフトウェアの更新」「セキュリティソフトの利用 」「パスワードの管理の強化」「ブラウザ・アプリなどの設定の見直し

・・そして「脅威・手口を知る」こと。といことで、脅威の順位をご紹介していきます!

「個人」向けの脅威の順位

  1. フィッシングによる個人情報等の詐取
  2. ネット上の誹謗・中傷・デマ
  3. メールや SMS 等を使った脅迫・詐欺の手口による金銭要求
  4. クレジットカード情報の不正利用
  5. スマホ決済の不正利用
  6. 偽警告によるインターネット詐欺
  7. 不正アプリによるスマートフォン利用者への被害
  8. インターネット上のサービスからの個人情報の窃取
  9. インターネットバンキングの不正利用
  10. インターネット上のサービスへの
    不正ログイン

「組織」の脅威の順位

  1. ランサムウェアによる被害
  2. 標的型攻撃による機密情報の窃取
  3. サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃
  4. テレワーク等のニューノーマルな働き方を狙った攻撃
  5. 内部不正による情報漏えい
  6. 脆弱性対策情報の公開に伴う悪用増加
  7. 修正プログラムの公開前を狙う攻撃(ゼロデイ攻撃)
  8. ビジネスメール詐欺による金銭被害
  9. 予期せぬ IT 基盤の障害に伴う業務停止
  10. 不注意による情報漏えい等の被害

まとめ

煩わしい更新や、覚えるのがめんどくさいとパスワード使い増ししてませんか?気にある方は今すぐ見直してみてはいかがでしょうか。