尼崎市の新型コロナウイルス感染症ワクチン接種について

尼崎市が発表した、新型コロナウイルス感染症ワクチン接種の予定スケジュール、摂取順位、新型コロナワクチンの特性などについてご紹介いたします。

※尼崎市の発表情報から引用しています。市発表の情報はコチラより。また間違いの無いようには勤めいていますが、内容が変化し適切ではない場合があります。その為、ワクチン等の最新の情報については、厚生労働省及び首相官邸のホームページをご覧ください。

コロナ対策ワクチン情報の要約※2月17日現在

  • 費用は無料・接種は任意 (同意がある場合に限る)
  • 摂取場所は現在調整中
  • 摂取方法は「個別接種」「集団接種」の二通り
  • ワクチンの接種順位は、医療従事者等が優先。高齢者は4月より
  • 摂取順位、高齢者施設などに従事する方は一定の要件で特例も
  • 接種のお知らせは個別に。ただし、電子メールなどで個別の連絡はないので注意
  • 3月中旬に専用ダイヤル開設。問い合わせは開設後に
  • 接種のスケジュールは「尼崎市HPで順次発表
  • 詳しい情報は厚労省官邸HPから

コロナ対策ワクチン「費用は無料」「接種は任意」

新型コロナウイルスのワクチン接種は無料、かつ接種は強制されるものではなく、情報提供を行った上で接種を受ける方の同意がある場合に限り接種を行われるとのことです。

また日本政府が2月12日発表した「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針(ワクチン部分抜粋)」は以下の通りです。

予防接種

政府、都道府県及び市町村は、以下のように新型コロナウイルス感染症に係るワクチン接種を行うものとする。

  1. 新型コロナウイルス感染症に係るワクチンの接種目的は、新型コロナウイルス感染症の発症を予防し、死亡者や重症者の発生をできる限り減らすことであること。
  2. 関係機関と連携し、迅速にワクチンの開発等を進めるとともに、承認申請された際には審査を行った上で、安全性及び有効性を確認し、できるだけ早期の実用化、国民への供給を目指すこと。
  3. 予防接種については、予防接種法及び検疫法の一部を改正する法律(令和2年法律第75号)による改正後の予防接種法に基づく臨時接種の特例として、厚生労働大臣の指示のもと、都道府県の協力により市町村において実施すること。
  4. 予防接種の実施体制や接種順位等については、令和3年2月9日の「ワクチン接種について」を踏まえ接種を円滑かつ効率的に実施する観点に立って行うこと。
  5. 予防接種により健康被害が生じた場合の救済措置や副反応疑い報告等については、予防接種法の現行の規定を適用し適切に実施すること。
  6. 予防接種は最終的には個人の判断で接種されるものであることから、予防接種に当たっては、リスクとベネフィットを総合的に勘案し接種の判断ができる情報を提供することが必要であること。

その上で、政府は、国民に対して、ワクチンの安全性及び有効性についての情報を提供するなど、的確で丁寧なコミュニケーション等を進め、幅広く予防接種への理解を得るとともに、国民が自らの意思で接種の判断を行うことができるよう取り組むこと。

新型コロナ対策ワクチンの特性

新型コロナ対策ワクチンの特性は、尼崎市のHPに厚労省「第2回新型コロナウイルスワクチン接種体制確保事業に関する自治体向け説明会」の資料より抜粋した国内で使用される予定のワクチンの特性一覧表が掲載されています。

接種の場所は順次発表

ワクチン接種は、現在関係団体等と調整中で、詳細が決まり次第尼崎市のHPで発表されるとのこと。

摂取方法は「個別接種」「集団接種」の二通り

市内の医療機関で接種する「個別接種」と、市内の公共施設等で接種する「集団接種」の2通り。

医療従事者等が優先。ワクチンの接種順位

ワクチンの接種順位は、新型コロナウイルス感染症に接触する機会の多さや、重症化リスクの高さなどで決定されるとのことで、政府によりますと以下の順に接種を実施する方針となっています。

接種順位対象者実施時期(国が示している予定)
1医療従事者等2月中旬頃
2高齢者4月頃
3高齢者以外の基礎疾患がある方

高齢者施設などに従事する方

未定
41~3以外の方未定

高齢者施設などに従事する方は特例も

高齢者施設などに従事する方については、一定の要件を満たせば、施設入所・入居中の方が接種するタイミングに合わせて、同時にワクチン接種可能とのこと。その要件は以下の通りです。

一定の要件(厚生労働省が示す目安)

  • 市町村及び高齢者施設の双方の体制が整うこと
  • ワクチン流通量の単位から施設入所者と一緒に接種を受けることが効率的であること
  • 施設全体における入所者の日常的な健康管理を行う医師等が確保されており、接種後の健康観察が可能であること

接種のスケジュールは「尼崎市HPで順次発表」

ワクチン接種に関するスケジュールは未定で、確定次第、尼崎市HPで順次発表されるとのことです。

政府発表の接種スケジュールイメージ

以下は、尼崎市のHPに掲載されていた厚労省「第2回新型コロナウイルスワクチン接種体制確保事業に関する自治体向け説明会」の資料より抜粋したワクチン接種スケジュールの予定です。

接種のお知らせは個別に

医療従事者等へのワクチン接種は従事医療機関などで、医療従事者等以外でワクチン接種の対象となる方には、ワクチンの供給時期に応じて個別に通知されるとのこと。

電子メールでの個別の連絡はないので注意が必要

尼崎市では電子メールなどで個別の連絡を行っていないので、ワクチン接種に乗じた詐欺などには十分にご注意ください。

お問い合わせは専用ダイヤル開設後に

尼崎市は、3月中旬に専用ダイヤルおよび、ファクスを設置する予定とのことです。
また「個別のお問い合わせは専用ダイヤルおよびファクスの設置後」にとお願いしています。

未確定のことも多く心配で連絡してしまいそうですが、いち早い体制の整備のためにも専用ダイヤルが開設されるまで待つようにしましょう。(がんばれ!職員さん!)

新型コロナ対策ワクチンの情報は以下リンクより