お店と読者を繋ぐ新サービス「尼ナビ」開始

尼崎市の市立中学校給食が2022年1月から一斉に開始されるみたい

2022年1月から尼崎市の市立中学校17校で給食が一斉に開始されるみたいです。

2022年6月からとされていた当初の予定を5ヶ月繰り上げての実施となるようです。

2022年1月より尼崎市で中学校給食が開始!

これまで尼崎市で育った人は”給食は小学校まで”というのが当たり前でしたが、全国の中学校給食の普及率は2016年5月時点での実施率は90.2%と結構高いんです。

全然知らんかった。

給食センターの建設地は若草中学校跡地に決定!

給食センターの建設候補地となっていたのは「西向島公園」「小田南公園」「公設地方卸売市場」の3ヶ所。

ですが、様々な角度から議論・検討を重ねた結果、上記3ヶ所は建設予定地とせず、十分な面積や、主要な幹線道路に接しているなどの理由から若草中学校跡地に決定したようです。

平成29年5月1日時点での対象食数は、市内17中学校の生徒9718人に教職員約 600 人を加えた約10300食、それだけの数の栄養・衛生管理の両面を一手に担う給食センター、これは相当な人出が必要になりそうです。

給食が実施されたらパパ、ママは楽になるかも

(中学校時代にめっちゃ通ったコンビニ、昔はサンクスでした。)

「ごめん、今日はパンでも買って食べて〜」と、お母さんから渡される500円がめっちゃうれしかったですが、今となってはふとした時に無性に食べたくなるお母さんの手料理、それが毎日お弁当として食べられていた世代は幸せだったのかもしれません。

ですが、親側としては給食制度の実施は手間が減ってかなり負担が軽減されるでしょう。

親の愛情が詰まったお弁当を毎日渡され、たまに他にお金を貰って自分でお昼ご飯を決める楽しさも良かったですが、給食制度の実施も新たな試みとして楽しみですね!

尼崎中学校給食基本計画(改定)H30.1