LINE@開始!地元情報をラインでもお届け。

【将棋】尼崎市在住の豊島将之二冠がプロ将棋界の頂点、名人戦の挑戦者に

3月1日、尼崎市在住の豊島将之二冠が名人戦の挑戦権を獲得しました。

※アイキャッチ画像は、AbemaTVHPより引用

尼崎市在住の豊島将之二冠がプロ将棋界の頂点、名人戦の挑戦権を獲得

3月1日に行われた第77期名人戦A級順位戦9回戦に勝利し、プロ将棋界の頂点とされるタイトル戦、名人戦の挑戦権を獲得しました。

豊島将之二冠についてご紹介

日本将棋連盟より

1990年4月30日愛知県一宮市生まれ。4歳のころテレビで見たことをきっかけに将棋を始め、5歳で豊中に転居。幼少のころから週刊将棋の1面トップを飾るなど注目される。

小学3年の9月に6級で、日本将棋連盟のプロ棋士養成機関である奨励会に入会し、小5の9月までに1級に昇級するというスピード出世を果たす。その後少しの停滞期があるも、公式戦への登場は、第36期新人王戦における14歳6か月と、これは藤井聡太の14歳5か月に抜かれるまで最年少記録であった。

プロ入りは、2007年4月1日。その後、2009年度は、最多勝利賞、勝率一位賞。2010年度は新人賞。2011年度は最多勝利賞。2014年度は、最多対局賞、名局賞。2016年度は、連勝賞。2017年度は敢闘賞など、数々の将棋大賞を獲得。そして、今年2018年度は二つのタイトル獲得や名人戦の挑戦権獲得が評価され、最優秀棋士賞に輝くなど、押しも押されぬトップ棋士に。

また、昨年2月尼崎市在住であることを、尼崎市で開催された第67期王将戦第4局の前夜祭における挨拶で公表。

名人戦 とは

名人戦は将棋界の8つあるタイトル戦※の一つで、タイトル戦の中でも一番長い歴史を誇り、名人位は竜王位とともにプロ将棋界の頂点とされているそう。

また勝負はトップ棋士10人による総当たりのリーグ戦、A級順位戦で挑戦者を決定し、名人と七番勝負を戦う。

そんなA級順位戦で豊島二冠は8勝1敗であの羽生さんにも勝つなど、開幕6連勝で首位を快走して挑戦権を獲得したとのことです。すごい!!

タイトル戦について
※タイトル戦は、竜王戦・名人戦・叡王戦・王位戦・王座戦・棋王戦・王将戦・棋聖戦の計8つ。
名人戦の対局は、全国各地の旅館や料亭、あるいは文化的施設などの格調高い場所などで行う。

2019年 名人戦の見どころ

豊島将之二冠が挑む佐藤天彦名人(30歳)は、2017年から3連覇中で、昨年の名人戦で挑戦者の羽生善治竜王のタイトル通算100期を阻止するなど、乗りに乗っているトップ棋士!

対する豊島二冠も昨年初タイトル獲得から、今年は2冠獲得とこの勢いで3冠に輝くのか!それとも佐藤名人が4連覇なるのか!・・そんな勢いが凄い二人の戦いが見逃せない!

※過去3連覇した名人は、永世名人となっているそう。

2019年 名人戦の七番勝負日程

名人戦の日程は、下記の通りです。

対局日 対局場 メモ
1 4月10・11日(水・木) 「ホテル椿山荘東京」
東京都文京区関口2-10-8
立会:島  朗九段
毎日副立会:松尾 歩八段
朝日副立会:戸辺 誠七段
記録係:荒田敏史三段
2 4月22・23日(月・火) 「松陰神社 立志殿」
山口県萩市椿東1537番地
立会:谷川浩司九段
毎日副立会:飯塚祐紀七段
朝日副立会:山崎隆之八段
記録係:宮嶋健太二段
3 5月7・8日(火・水) 「倉敷市芸文館」
岡山県倉敷市中央1-18-1
立会:淡路仁茂九段
毎日副立会:大石直嗣七段
朝日副立会:畠山 鎮七段
記録係:井田明宏三段
4 5月16・17日(木・金) 「麻生大浦荘」
福岡県飯塚市1060
立会:深浦康市九段
毎日副立会:田村康介七段
朝日副立会:豊川孝弘七段
記録係:麻生喜久二段
5 5月29・30日(水・木) 「浄土宗大本山 増上寺」
東京都港区芝公園4-7-35
6 6月10・11日(月・火) 「常磐ホテル」
山梨県甲府市湯村2-5-21
7 6月25・26日(火・水) 「天童ホテル」
山形県天童市鎌田本町2-1-3

名人戦を応援しよう!

名人戦は、下記で視聴することが出来るみたいです。詳しくは、リンク先から。

豊島将之二冠、佐藤天彦名人いい勝負期待しています!頑張って下さい!

【関連記事】

尼崎から羽ばたいた有名人!ダウンタウン以外にもおるんやで!