【高校サッカー】選手権兵庫県予選で市立尼崎はベスト8にて散る。前日VS舞子戦は現地レポあり!

10月27日、26日に第97回全国高等学校サッカー選手権大会兵庫県予選が各地で開催されました。

唯一尼崎勢で勝ち上がっていた市立尼崎の結果を振り返ります。

選手権兵庫県予選開催中!市立尼崎は準々決勝にて関西学院に敗れ無念の敗退

週末は天候にも恵まれ、各地で予選が行われていました。

以下、尼崎勢で唯一勝ち残っていました市尼の結果となります。

10月27日(土)

【神戸弘陵G】 市立尼崎2ー0舞子高校

10月28日(日)

【アスパ五色メイン】 市立尼崎1ー4関西学院

10/27の舞子戦で快勝し、勢いそのままに関学との準々決勝に臨んだ市尼でしたが、1-4で敗れ無念の敗退。

これで3年生は引退となります。

お疲れさまでした!

市立尼崎VS舞子高校の現地レポ

残念ながら準々決勝は観戦に行くことができませんでしたが、前日の舞子戦は観戦してきましたので、簡単ですがまとめます。

戦評

市尼は序盤からボールを支配。⑩上野君を中心に⑪庄君④前野君などアクセントを利かせて舞子ゴールを襲う。前半20分市尼⑩上野君がペナルティエリア右から中へ切り込み左足で冷静にゴールへ放り込み先制。対して舞子も前へ向かう意識は強く何度か㉑藤井君などが攻め込むがビッグチャンスは作れず。市尼は前半終了間際に前線でのパスがつながったところ、ペナルティエリア左で④前野君が左足を振り抜き追加点。後半はお互いにチャンスを作るが、膠着状態が続き終了間際に舞子③屋君がヘディングシュートを放つがバーに嫌われ万事休す。そのまま試合は終了し、市尼が舞子を2-0で下し8強入りを決めた。(緑が市尼、橙が舞子)

(市尼⑥髙下君がフリーキックを蹴る場面)

試合を観戦した感想としては、終始市尼がボールを支配していて内容的にはもっと点が入っててもおかしくない試合。正直舞子とは技術・体格などでも差があったように思えます。しかし舞子も初戦から3-0,6-0で勝ち上がってきた勢いがあり、前へ向く姿勢というものは特筆すべきものがありました。㉑藤井君などは1年生で動きも良かったので将来楽しみな選手。

市尼の方ですが、⑪庄君は小柄ですがボールタッチなどの技術、一瞬のスピードが非常に高くワクワクさせてくれました。あと筆者の好みにはなりますが、④前野君は安定感、ボール捌きの細かいところをとってみても能力が高いと思わせてくれる、個人的には好きな選手。体つきも良いですし、先でも活躍できそうな雰囲気を持っています。

点が入りそうな空気があったので、撮影したらたまたまとれた市尼2点目のシーンです。

準々決勝が終了!4強のうち西宮勢が3校と躍進!

全国高等学校サッカー選手権大会兵庫県予選は準々決勝まで終了し、4強が決定しましたが、なんとお隣の西宮市の学校がそのうち3校(県立西宮、市立西宮、関西学院)残るという大躍進を続けています!

最近西宮勢強くなっているとは知っていましたが、まさかここまでとは。

準決勝は11月4日アスパ五色で行われます。興味のある方は行ってみてはいかがでしょうか?

そしてしつこいようですが、ここまで勝ち上がった市尼サッカー部のみなさんお疲れさまでした!

また来年期待しております!