【小学生の甲子園】成徳イーグルスがマクドナルド杯兵庫予選で優勝!8月東京で全国大会!

2018年5月に行われた高円宮賜杯第38回全日本学童軟式野球大会兵庫県予選会(マクドナルド・トーナメント)で、尼崎市に拠点を置く少年野球チーム「成徳イーグルス」が優勝を飾り、8月東京で行われる全国大会に出場します。

成徳イーグルスがマクドナルド杯(学童)優勝!8月東京で全国大会!

並み居る強豪をはねのけ、堂々の優勝を果たした、尼崎市に拠点を置く成徳イーグルス。この大会は俗に「小学生の甲子園」と呼ばれており、成徳イーグルスは兵庫県代表として3年ぶり2回目の全国大会出場となります。

初戦以外は全て余裕を持ったスコアでの勝利。

ちなみに兵庫県の小学生チームは、なんと394チーム有ります(平成29年度)。実は大阪より兵庫の方が多いんですよね。(大阪は326チーム)

そんな激戦区兵庫を制した成徳イーグルスの凄さ。全国大会でも優勝を狙える力が十分に備わっていると見ています。

成徳イーグルスのチーム紹介!強さの秘訣は日々の練習に有り。

成徳イーグルスのスタッフ「デブかわドットコム」さんより、今年の成徳イーグルスはどんなチーム・またどんな練習をしているか紹介して頂きました。

成徳イーグルスがチーム作りに最も時間を費やす重要な部分は守備力そして走塁力です。今年のチームも守りを固めて作り上げました。エースが最少失点に抑えそして守りきり、少ないチャンスをモノにして勝つ‼これが必勝パターンです。

しかしながら守るだけでは勝てません。

相手の隙を逃さず一つ先のベースを奪い取れるチームになれるよう走塁にも実戦形式で時間を割いています。

限られた時間の打撃練習だけではスイングスピードアップや力強さには繋がらず簡単には成果が出ません。

最も大切な事は個人練習となる家での素振りです。子供達の「もっと打ちたい、試合にずっと出たい」などの目的意識が強ければ強い程、家でも真剣かつ継続して出来る‼それが素振りなんです。

子供達の強い自覚が数ヶ月後には結果になって現れるのです。チーム内での競争も子供達の成長には欠かせません。

この度は新チーム発足当時から全国を目指す子供達の強い想いが大きな夢を叶ってくれました。しかし野球王国兵庫県代表は出場だけで満足していては駄目です。全国大会優勝を目指して成徳イーグルス一同必死のパッチで戦って参ります。ご声援の程宜しくお願い申し上げます。

チーム紹介者:デブかわドットコムさん

成徳イーグルスの強さの秘訣が少しわかった気がします。守備・走塁に重きを置き、打撃の基礎となるスイングスピードなどは各自が家でトレーニング。限られた時間の中で、より効率的に練習をこなされていますね。

”野球王国兵庫県代表は出場だけで満足していては駄目です”の言葉が心強いです。悲願の全国優勝を。

今年6月に尼崎市長を表敬訪問!

成徳イーグルススタッフデブかわドットコムさん提供・撮影

今年の6月19日に尼崎市役所に表敬訪問しています。その時のお写真を、成徳イーグルススタッフ「デブかわドットコム」さんにご提供頂きました。

成徳イーグルススタッフデブかわドットコムさん提供・撮影

未来のスターがこの中にいる事、間違いなし。

成徳イーグルススタッフデブかわドットコムさん提供・撮影

皆、良い顔してますね!

あくまで個人的な願望となりますが…尼崎市の高校に進学してもらい、地元・尼崎の高校を甲子園に導いてほしい…。ですが、それは私の願望で有り、決めるのは選手自身ですね!今は目の前にある野球を目一杯楽しんでください!

全国大会は8月東京で開催!頑張れ成徳イーグルス!

【大会期間】
平成30年8月19日(日)~24日(金)

【開会(始)式】
平成30年8月19日(日) 11:00 明治神宮野球場

【参加チーム】
51チーム

【会場】

明治神宮野球場ほか新宿区、町田市、府中市、稲城市、昭島市のグランド

 

昨年は同大会で、北ナニワハヤテタイガースが全国準優勝を果たしました。今年こそ、尼崎から頂点を!活躍を心より願っております。

野球記事をもっと見る