【将棋】尼崎市在住の豊島将之二冠が4連勝で名人位を獲得!

尼崎市在住の豊島将之二冠がプロ将棋界の頂点タイトルの名人位をかけ、三連覇中の佐藤天彦名人に挑み名人位を獲得しました。

そんな名人位を決めた名人戦7番勝負の模様を、各メディアの情報を引用しながら振り返っていきたいと思います。

※アイキャッチ画像は、AbemaTVHPより引用

まずは、豊島将之二冠についてご紹介

日本将棋連盟より

1990年4月30日愛知県一宮市生まれ。4歳のころテレビで見たことをきっかけに将棋を始め、5歳で豊中に転居。幼少のころから週刊将棋の1面トップを飾るなど注目される。

小学3年の9月に6級で、日本将棋連盟のプロ棋士養成機関である奨励会に入会し、小5の9月までに1級に昇級するというスピード出世を果たす。その後少しの停滞期があるも、公式戦への登場は、第36期新人王戦における14歳6か月と、これは藤井聡太の14歳5か月に抜かれるまで最年少記録であった。

プロ入りは、2007年4月1日。その後、2009年度は、最多勝利賞、勝率一位賞。2010年度は新人賞。2011年度は最多勝利賞。2014年度は、最多対局賞、名局賞。2016年度は、連勝賞。2017年度は敢闘賞など、数々の将棋大賞を獲得。そして、今年2018年度は二つのタイトル獲得や名人戦の挑戦権獲得が評価され、最優秀棋士賞に輝くなど、押しも押されぬトップ棋士に。

▽より詳しい豊島将之二冠や、名人戦についての情報は下記記事でご紹介しています。

【将棋】尼崎市在住の豊島将之二冠がプロ将棋界の頂点、名人戦の挑戦者に