【高校野球】春季県大会結果|武庫総は淡路に見事勝利!市尼崎は神戸国際大付に敗退

2019年4月20日(土)に兵庫県春季県大会が行われ、武庫荘総合高校と市立尼崎高校が登場しました。現地観戦してきましたので、簡単にレポートしていきます。

武庫荘総合は淡路に見事勝利!市立尼崎は神戸国際大付属に敗れる

春季県大会 市立尼崎0‐6神戸国際大付属

4/20(土)明石球場

市立尼崎
000 000 000/0
201 021 00×/6
神戸国際大付属

市尼崎バッテリー:石原、田邊ー木森
神戸国際バッテリー:松本ー福元

※市立尼崎は敗退したので、夏の大会第2シード

初戦屈指の好カードでもあり、バックネット裏は沢山のお客さんが来場。両校ブラスバンドも応援に駆け付けてくれていました!

神戸国際大付属の背番号10番松本君が序盤から最後まで、完璧なピッチング。市尼打線はややスリークウォーター気味から来る、威力のあるストレートと鋭く曲がる横の変化球に翻弄され、散発の3安打となりました。終始、神戸国際大付属ペースの試合となってしまい、市尼は中々好機を作ることが出来ませんでした。どこかで1点でも返すことが出来ていれば、展開は変わったかもしれませんが、中々その1点が遠い試合に。

市尼の先発は、恐らく公式戦初登板となる2年生石原君でした。切れのある速球を投げ込んでいましたし、今後が楽しみな選手の一人です。市尼の打者陣もしっかり振れる選手が多いです。今日のような好投手と対戦となった際に、均衡を破る一打を放てる力を付ければ、今夏も十分楽しみなチームです。今日の悔しい思いを夏にぶつけてくれることでしょう。

神戸国際の3番柴野君、5番柴田君はかなりの好打者です。マニアックな内容になりますが、柴野君は同じ国際出身の谷口君と被るんですよね。

にしても、神戸国際大付属、強かった…。

春季県大会 武庫荘総合5‐0淡路

4/20(土)G7グランド

武庫荘総合
000 300 002 /8
000 000 000 /0
淡路

武庫荘総合バッテリー:谷添-吉田

※武庫荘総合は夏の大会第1シード獲得

市尼と神戸国際の試合が終わり、急ぎ足でG7球場へ。

終盤からの観戦となりましたが、今日も谷添君が好投。周りを見る余裕もあり、チームのエースとしてマウンドさばきも卓越されてきた印象です。9回はやや球が浮いていましたが、それでもしっかり試合終了まで投げ切り、完封は見事なもの。守備陣もノーエラー。突出した選手はいませんが、チーム全体の一体感があり、勝ち癖もついてきて、良い雰囲気で野球をやれている印象です。淡路のクリーンナップ3.4.5番はスイングスピードも速く、これは夏も注目ですね。

あと武庫荘総合は全員五厘刈りで見ていて気持ち良いです。スタンドの声援も熱がこもってて、チーム一丸で戦っているのが伝わってきます。

夏の第一シード獲得おめでとうございます!!

武庫総の次戦は4/27(土)10時~ VS市立西宮

武庫荘総合の次戦4/27(土)10時~【高砂球場】

武庫荘総合ー市立西宮 

相手は初戦をコールド勝ちした市立西宮。

近年、メキメキと力を付けている市西です。武庫荘総合の健闘を心から祈っております!

市立尼崎は、あとは夏を残すのみ。明石商、神戸国際と越えなければいけない壁は高いですが、秘めたる可能性を持ったチームです。

市尼崎含め、夏に向けて始動している尼崎勢の高校の躍進を今から期待しております!!頑張れ高校球児!