陸上競技 全国IH2018 尼崎市からは6種目5名が出場、高良選手は史上3人目の3連覇!

8月2日(木)〜8月6日(月)の5日間、三重県伊勢市の三重交通G スポーツの杜 伊勢陸上競技場で平成30年度全国高等学校総合体育大会陸上競技大会が開催されました。

各地方予選を勝ち抜いた高校生アスリート達が己の体だけを頼りに1秒、1cmを争い日本一を狙う激戦!

尼崎市からは6種目5名のアスリートが出場、全選手の結果をまとめました。

陸上競技インターハイ2018、尼崎市のアスリートが躍動!

尼崎市の高校から出場した全選手の結果はこちら。

男子5000mW

【6位】石田 理斗(尼崎西2) 21:25:89

男子砲丸投げ

【9位】加島 辰哉(市立尼崎3)  15m52cm

男子ハンマー投げ

【8位】執行 大地(市尼崎2) 61m11

女子100mH

【予選5組3着】高良彩花(園田学園3) 14.24(0.0)

女子走幅跳

【優勝】高良彩花(園田学園3) 6m14cm(-0.5)

※高校1年からの3連覇達成(史上3人目)

女子円盤投げ

【予選1組 15位】神本 真衣音(市立尼崎1)  37m73cm

高良選手が3連覇、執行選手は2年連続の入賞

日本選手権2連覇も達成している高校記録保持者、園田学園の高良彩花さんが女子走幅跳で史上3人目となる3連覇を達成!

また、男子5000m競歩では尼崎西の石田選手が2年生ながら6位に入賞、男子ハンマー投げでは市立尼崎の執行選手が8位に入賞、執行選手は昨年の円盤投げ4位に続いて2年連続の入賞です。

砲丸投げに出場した市立尼崎の加島選手は、予選から記録を伸ばすも9位と惜しくも入賞を逃しました。

他種目でも、東海地方各地で高校日本一を決めるインターハイが開催されていますが、あまたびはこれからも頑張るアスリートの挑戦を応援していきます。

出場された選手の皆様お疲れ様でした!