【高校野球】準々決勝で市立尼崎が社に敗退。尼崎勢は夏に向けて再スタート

2018年10月6日(土)・7日(日)に秋季兵庫県高等学校野球大会の準々決勝・準決勝が開催。

「センバツ甲子園」をかけ、連日熱戦が繰り広げられています。

尼崎勢の結果を振り返っていきます。

市立尼崎、社高校に惜敗。ベスト8で散る

秋季兵庫県高等学校野球大会 準々決勝

【姫路球場】

 社  |0 1 0 1 0 0 2 0 0 |4

市尼崎 |1 0 0 0 0 0 0 0 0 |1

社 安打9 失策2

市尼崎 安打6 失策2

■バッテリー

社 藤本ー坂部

市尼崎 中井ー木森

【試合内容】

市尼は今大会初めて吹奏楽部も応援に駆け付け、心身共に満を持して挑んだ準々決勝。前週が雨で中止だったため、2週間空けて試合を迎えることになりました。

社の最速147㌔右腕・藤本くんを初回から攻め立てます。先頭打者の中田君が左越2塁打で出塁し、その後ランナーを進め、森君のスクイズで先制。ですが、直後の2回表すぐさま社高校の野夫井君にタイムリーを打たれ同点。4回には、社高校4番田中君にタイムリーを浴び、逆転されます。

6回表に市尼は1死満塁のピンチを迎えますが、投ゴロ併殺で切り抜けます。直後の6回裏、同じく1死満塁のチャンスを作った市尼ですが無得点。7回表に2点を追加され、そのまま4-1で敗退となりました。

力差はほぼ無かったように思えますが、市尼崎としては6回のピンチの後のチャンスを生かせなかったのが、痛手となりました。

※zerospotter_r様撮影のダイジェスト動画を引用させて頂きました。

引用元 zerospotter_r

決勝は神戸国際大付属-明石商業、3位決定戦は社-報徳学園

決勝は神戸国際大付属-明石商業のカードとなりました。ここ数年で言うと、最も勝ち星を重ねている高校同士で、まさに頂上決戦かと。現在、明石商業は県内25連勝中。戦国・兵庫エリアにおいてこの成績は、驚異の強さ他ならないです。

この2校は既に近畿大会への切符を手にしています。ただ、1位と2位では大きな違いが有ります。現役時代に兵庫2位通過したのですが、和歌山1位の智辯和歌山と対戦が決まり、苦汁を飲まされました。ですので、1位通過を賭け、本気の戦いとなる事だと思います。

3位決定戦の社-報徳学園は勝った方が近畿大会に出場。死に物狂いで最後の切符を掴みにくることかと思います。そういう意味ではこっちの試合の方が、見ている側は面白いかもしれないですね。

ほっともっとフィールド神戸

今年のベスト4組はどのチームも強いです。特に明石商業・神戸国際は近畿大会でも上位に食い込む力があると思います。昨年は屈辱のセンバツ兵庫代表校0校でした。今回は兵庫県のほっともっとフィールドで近畿大会が開催されます。今年こそ…兵庫代表として大躍進されることを心から願っております!

尼崎勢は全て敗退。目指すは夏。

【尼崎勢の秋季大会結果】

■ベスト8 市立尼崎

■ベスト32 武庫荘総合

■県初戦敗退 尼崎北・尼崎工業・尼崎双星

■地区敗退 尼崎小田・尼崎稲園・尼崎西・県尼崎

 

市尼崎が敗れ、尼崎勢は全て敗退しセンバツへの出場は絶望となりました。ですが、県大会出場校が尼崎から5校だったりと大健闘してくれました。武庫荘総合高校は東洋大姫路高校を破るなど大きく爪痕を残し、来夏も本当に楽しみです。市尼崎は数試合観戦させて頂きました。あと一皮剥ければ、ベスト4組にも好勝負ができるチームだと思います。

各チームこれから、長くて短い冬のトレーニング期間に入る事だと思います。現役時代はあまりにも冬の練習が辛くて、早く終わらないかと嘆く日々でしたが…。

この期間の過ごし方によって、チームは大きく変わります!長い人生で一瞬しかない高校生活。そして、最上級生にとっては甲子園のチャンスはあと一回。

また逞しくなって春にお会いできるのを楽しみにし、2018年の尼崎高校野球レポートを終わりにしたいと思います。

今年も沢山の方に高校野球レポートを御覧頂き、本当にありがとうございました!

また春にお会いしましょう。

関連記事

【Yahoo!検索大賞2018】兵庫県部門賞は「兵庫県高校野球連盟」みたい 【高校野球】準々決勝で市立尼崎が社に敗退。尼崎勢は夏に向けて再スタート 【高校野球】市立尼崎が西宮東を破り見事ベスト8進出!近畿まであと2つ

高校野球記事の一覧はこちら