【市立尼崎野球部】平林弘人君インタビュー『なぜ下馬評は覆せたのか』

2016年の夏、甲子園兵庫県大会決勝で明石商業を破り優勝を飾った市立尼崎高校。

前評判では当時県内無敵(新チーム結成時の秋から春まで)の明石商業が、誰もが優勝すると思っていたことであろう。一方、市立尼崎は下馬評を大きく覆しての優勝であり、もはやダークホースでさえも無かったかもしれない。

なぜ市尼は優勝できたのか。なぜ平林君は強豪をねじ伏せることができたのか。素朴な疑問は今でも浮かぶ。

あれから一年。

私は決意し、2017年夏の大会兵庫予選を目前にして、当時のエースであった現佛教大学硬式野球部の平林弘人選手にインタビューを直訴した。

快く了承してくれた平林君。

1時間に及んだインタビューにも、丁寧に答えてくれた平林君と取材協力に応じてくれた佛教大学様に心から感謝し、その内容を皆様にもお伝えできればと思います。間もなく迎える”三年間の集大成”である夏の予選。ひた向きに優勝を目指す現役球児たちにとって、兵庫の頂点に立つことができた平林君の言葉は、少なからず何か力になると思い、取材を敢行してきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です