市立尼崎高校、春高バレー2019ベスト4進出!悲願の日本一まであと2勝。

夏のインターハイで全国制覇を果たしている市立尼崎高校バレー部。

現在、春高バレーが開催中で、2冠の偉業を目指す市尼は、遂にベスト4まで勝ち上がりました。悲願の頂点まであと2勝。

市立尼崎バレー部、春高ベスト4進出!準決勝の相手はインハイ決勝と同じ洛南高校

1月6日(日)、7日(月)に2回戦~準々決勝が開催され、全試合ストレート勝ち。まだ1セットも取られておらず、僅かな隙も見せない王者の戦いを繰り広げています。

次戦1月12日(土)の準決勝は奇しくも、夏のインハイ決勝と同じ対戦相手で京都の洛南高校。前回の対戦はフルセットの死闘の末、市尼が勝利しましたが洛南もリベンジに燃えていることでしょう。激戦必至です。

ちなみに市尼が春高のセンターコート・ベスト4に駒を進めるのは、2003年以来2回目となります。決勝戦進出となれば学校初の快挙となります。

市尼の勝ち上がり

2回戦

1月6日(日)11:40~
市立尼崎2-0東亜学園(東京)
①25-11
②25-14

バーチャル春高バレーでフルマッチ動画を見る

3回戦

1月7日(月)10:00~
市立尼崎2-0松阪工(三重)
①25-19
②25-10

バーチャル春高バレーでフルマッチ動画を見る

準々決勝

1月7日(月)14:20~
市立尼崎2-0雄物川(秋田)
①25-21
②25-18

※雄物川は元日本代表の宇佐美大輔さんが監督

バーチャル春高バレーでフルマッチ動画を見る

準決勝

1月12日(土)
市立尼崎-洛南(京都)

プチ市尼メンバー情報

最強世代の主将を務めるのは安井恒介君(3年・189㎝)。中学時代はそこまで名前は通ってなかったようですが、高校で最高到達点が35㎝伸び、まさに努力のキャプテンと紹介されていました。

岩本大吾君(3年・191㎝)と西村駿佑君(3年・183㎝)はU18日本代表で全国的に注目されているプレーヤー。抜群の身体能力を誇る宮城テリーク君(3年・187㎝)は沖縄(首里中学)から遥々やってきたようです。そのエピソードだけでめちゃめちゃ応援したい。監督は就任29年目の藤原和典監督。

テレビ放送は?

準決勝

【地上波】

フジテレビにて2019年1月12日(土) 午後4時00分~午後5時30分

【CS放送】

フジテレビONEにて、全4試合生中継

※準決勝は地上波での生中継は無いようです。

決勝

【地上波】

フジテレビにて2019年1月13日(日)午後1時30分~午後2時55分 生中継

 

余談となりますが、市尼VS雄物川の試合をネットで拝見していました。雄物川高校の元日本代表でもある、あの宇佐美大輔監督がタイムアウトで「ビビるなよ。同じ高校生だよ。名前負けしてるじゃねぇかよ。」と仰っていました。

おこがましいですが、市尼は高校バレー界において、本当に凄いポジションまで上り詰めているのだなと感じました。

藤原監督、竹場先生、スタッフ、父兄、OBの皆さんに悲願の初優勝を。心から祈っております。