LINE@開始!地元情報をラインでもお届け。

【高校野球】2019兵庫県春季県大会の組み合わせ。尼崎勢の対戦相手は?

平成最後の選抜甲子園は愛知県・東邦高校の優勝で幕を閉じましたが、次は各都道府県で夏本番を前に最後の公式戦となる春季県大会が開催されます。

今回は4/14(日)に開幕する兵庫県春季大会の組み合わせと尼崎勢の勝ち上がり、対戦カードをご紹介します。

【高校野球】春季県大会組み合わせ。尼崎勢の対戦相手は?

 

引用元 兵庫県高野連HP

今大会はベスト16入りで、夏の第一シード獲得となります。ですので、どの学校も初戦を突破しないことには第一シード獲得にはなりません。(一部は2勝する必要のある学校も)

第一シード獲得となると、ベスト16まで学校所在地に近い球場で試合ができるよう優遇されます。仮に尼崎の高校が第一シードを獲得すると、ベスト16までは姫路球場や豊岡球場などの遠方球場で試合をすることが無くなります。

尼崎市からは武庫荘総合と市立尼崎が県大会に出場します。

武庫荘総合は淡路高校と対戦。4/20(土)10:00~ 神戸サブグランド

~2019年春季地区大会の勝ち上がり~

【武庫荘総合】
春季阪神地区予選 2回戦
武庫荘総合3 – 1仁川学院

春季阪神地区予選 準決勝
武庫荘総合8 – 0尼崎双星

春季阪神地区予選 決勝
武庫荘総合5 – 0西宮南
※第一代表

2018秋季県大会:2回戦敗退

【淡路】
春季播淡地区予選 2回戦
明石南3 – 1淡路

春季播淡地区予選 準決勝
淡路3 – 1加古川東

春季播淡地区予選 決勝
淡路5 – 0明石
※第一代表

2018秋季県大会:地区予選敗退

過去対戦データ

お互いが地区の第一代表同士の対戦となります。武庫荘総合と淡路高校の対戦カードはここ15年遡ってみましたが、ありませんでした。秋季大会では、東洋大姫路も破った武庫荘総合。

春季地区予選でもスコアを見る限り余裕を持った試合展開で勝利を重ねてきてますし、着実に力を付けてきている印象です。エース谷添君を中心とした守りの野球で夏の第一シード獲得を目指します。

市立尼崎は神戸国際大付属と対戦。4/20(土)10:00~ 9:00~に変更(雨天順延の影響) 明石球場

~2019年春季地区大会の勝ち上がり~

【市立尼崎】
春季阪神地区予選 2回戦
市立尼崎17 – 4県立尼崎

春季阪神地区予選 準決勝
市立尼崎8 – 6報徳学園

春季阪神地区予選 決勝
市立尼崎3 – 2関西学院
※第一代表

2018秋季県大会:ベスト8

【神戸国際大附】
春季神戸地区予選 2回戦
神戸国際大附10 – 2夢野台

春季神戸地区予選 準決勝
神戸国際大附9 – 1須磨友が丘

春季神戸地区予選 決勝
須磨翔風2 – 1神戸国際大附
※第二代表

2018秋季県大会:準優勝(近畿大会1回戦敗退)

過去対戦データ

市立尼崎は昨秋の準優勝校、神戸国際大付属と激突。1回戦から好カードが実現です。市尼と神戸国際大付が公式戦で対戦するのは、意外にも2009年の秋季大会(6-0で敗退)以来、約10年ぶりとなります。春季大会においては2006年以来となり、この時も1回戦で6-7で敗退しています。(私が在籍していた時です。笑)

今回の対戦で、負けた方は夏の第一シードを逃すことになります。市尼は2019春季地区予選で報徳学園から白石君2本、高岡君2本、中田君1本と計5本塁打を放つなど、打撃が充実してきている模様です。神戸国際は右の鍵君、左の西井君と好投手を擁します。3番に座る柴野君は兵庫屈指の好打者。

激戦必至ですが、何とか勝利をもぎ取ってほしいものです。

頑張れ尼崎勢!

春の大会は勝ち進んでも、近畿大会までとなり、甲子園とは直接関係しません。ですが、夏前の最後の公式戦となり、各チーム戦力を試したり、あるいは相手チームの偵察・分析を行ったりと決して軽視できない大会となっています。

春のあたたかい太陽の元で、気持ちよく野球観戦できるので、もしお時間の有する方は応援にも駆けつけてあげてくださいね~。

頑張れ尼崎勢!!心から健闘を願っております。

こちらの記事もオススメです!

【市立尼崎野球部】平林弘人君インタビュー『なぜ下馬評は覆せたのか』