お店と読者を繋ぐ新サービス「尼ナビ」開始

【球春到来】兵庫県春季地区大会の組み合わせ。尼崎勢の対戦カードは?

長い長い冬を越え、やっとこの季節がやって参りました。はい、球春ですね。予てから野球好きを公言している私にとっては、待ちに待った春なのです!!

第91回選抜高等学校野球大会の組み合わせも決定し、2019年3月23日(土)より阪神甲子園球場で開幕します。

初戦から、履正社VS星稜が激突したりと、注目カードが目白押し。センバツの前売りチケットは発売から2分で売り切れたとのことで、今年も甲子園球場は超満員となることでしょう。

 

そんな中、ほぼ同じタイミングで夏のシード権をかけた兵庫県春季地区大会も3月27日(水)より開幕します。

組み合わせが既に決定していますので、ご紹介したいと思います。甲子園も楽しみではありますが、一冬越えた地元の高校生たちのプレーにも是非注目してみてください。

【球春到来】兵庫県春季地区大会 の組み合わせ

引用元 兵庫県高校野球連盟

※ブロック優勝校は第1代表で県大会へ進出。ブロック決勝で敗れた4校で再び対戦し、うち3校が第2代表で県大会進出。

前年度(2018年) 春季県大会結果

優勝:明石商業 準優勝:滝川第二 3位:市立尼崎

尼崎勢の初戦日程

3月27日(水)

【伊丹スポーツセンター】

10:00~ 尼崎小田ー川西北陵

【尼崎ベイコム野球場】

14:00~ 尼崎西ー尼崎稲園

3月28日(木)

【尼崎ベイコム野球場】

10:00~ 市尼崎ー県尼崎

3月29日(金)

【尼崎ベイコム野球場】

10:00~ 尼崎北ー川西明峰・県西宮の勝者

3月30日(土)

【伊丹スポーツセンター】

11:30~ 尼崎工ー尼崎双星

【尼崎ベイコム野球場】

11:30~ 武庫荘総合ー仁川学院

 

春季大会は、直接甲子園には繋がりませんが、夏のシード権がかかった大会です。シード権を獲得すると、学校所在地に近い球場で試合が出来ることと、序盤で強豪校と当たる確率を下げることが出来るわけです。(例年通りだと春季の県大会ベスト16入りで夏の第1シード権獲得だったはず。細かいルール変わってるかもなので、あくまで参考までに…)

今年の阪神地区大会の組み合わせを見ていると、尼崎対決が初戦から3カードもあります!これは嬉しいようで悲しいような…。

Bブロックに関しては、関学、報徳、市尼が集結。どこかが夏のノーシードになってしまう事が確定しており、所謂ノーシード爆弾になることでしょう。(シード校からしたら、折角シード取ったのに、この3校のいずれかが自分のブロックに入るのは避けたい。つまりノーシード爆弾)

春は野球も見やすい季節なのでおすすめ

春季大会が開催されるこの時期は、夏のカンカン照りの太陽もなく、ゆっくりと野球観戦が出来ます。選抜甲子園からも目が離せませんが、時間に余裕が有れば、一冬越えて成長した地元の高校球児を応援してあげるのも良いですね。

一校でも多く、県大会への切符を掴まれることを心から願っております!今年もガッツリ応援させてもらいます!

高校野球の記事をもっと見る