尼崎の情報誌「南部再生」vol.57号に寄稿させて頂きました【運営報告】

編集部より、ご報告です。ありがたい事に「南部再生vol.57号(2018AUG)」に寄稿させて頂きました。

「南部再生」ってなに?

「南部再生」について、改めてご説明致します。以下、公式サイトより引用文となります。

尼崎南部再生研究室(あまけん)って?
尼崎公害訴訟の和解金を活用して2001年3月に設立。関西学院大学片寄俊秀教授を顧問にむかえ、学者、大学生、会社員など多種多様な人たちが集まっています。地元企業、個人を含めて会員数は現在350人。「南部再生」はこの尼崎南部再生研究室(あまけん)によって発行されている《尼崎南部地域活性化のための情報誌》。毎号、さまざまな切り口から南部にまつわるアレコレをおもしろおかしく、ちょっとマジメに紹介。
尼崎南部を何とかしようと楽しむ人たちの集まりです。あまけんと呼んでください。

会員募集
「南部再生」のお届けが特典の一般会員は会費一口1,000円から(4号分)。
その他発行物の進呈も特典に加わるゴールド会員は一口10,000円からとなっています。

配布協力
尼崎信用金庫市内支店・郵便局市内各局・阪神電鉄市内各駅・中央・北図書館・公民館・地域研究史料館・トレピエ・ハーティ21・尼崎商工会議所・中小企業センター・総合文化センター・NPOシンフォニー・TMO尼崎・三和書房・モンセ分店薬局・三栄薬局・ヒノデ阿免本舗・築地戎湯・そば処竹生・ビーワン一番星・サイクルセンターサンワ・日本カードック

 

この度、「南部再生」に寄稿させて頂きました!

以前、尼崎市の公式サイト「尼の國」さんに取材して頂いた際からご縁を頂き、その時に取材を担当して頂いた若狭健作(@wakasakensaku )様から「是非、南部再生で寄稿して頂けませんか?」とありがたい事にお話を頂きました。

「僕らが街を伝える理由」と題し、あまたびメンバー3人の居酒屋クロストークを展開しています。

ネット上でも公開される予定ですので、もし宜しければご覧になって下さい。

公式サイト|南部再生

また、南部再生は上記のご案内であった通り、会員様にはご自宅に南部再生をお届けしてくれる定期購読(有料)も行われています。そちらもご興味がございましたら是非ご活用ください。

テレビ、ラジオ、地元の情報誌まで色々な方にお声を掛けて頂き、私たちはつくづく幸せ者です。尼崎はやっぱり温かい街です。

綺麗事を抜かすように聞こえるかもですが、地域の繋がりを大切にして、これからも私たちが出来る地域活性化に取り組んでいこうと思います。