さんさんタウン3番館が2017年秋をもって閉店、跡地には複合マンションを建設予定

阪急塚口駅南側すぐにあるさんさんタウン3番館が39年の歴史についに幕を閉じようとしています。

映画にファッションにグルメに公共サービスとなんでもござれの尼崎北部の玄関口として愛されているさんさんタウン自体がなくなってしまうわけではありませんが尼崎市民の思い出の場所がまたひとつ姿を変えようとしています。

さんさんタウン3番館が今秋をもって閉店

すでに閉館がアナウンスされている3番館ですが北棟の専門店街1階、2階店舗に関してはまだ阪急塚口駅からダイレクトに入店できるということもありそれなりに客足もまだありました。(とはいっても昔に比べたら激減)

店内はすでに閉店売りつくしセールでお店によっては叩き売りに近いような値段で商品が販売されています。

地下1階や上階の店舗はかなり寂しい状態に…

閉店セールで盛り上がってる感を出している1〜2階に比べて撤退が進んでいるフロアはかなり寂しくなっています。

地下1階、そして上に上がるにつれてまだ営業している店舗もあるもののすでにシャッター街と化しています。

▽僕が中学生の時にお年玉を握りしめて初めてジーンズを買いにいった想い出のお店「MG塚口店」(2階)も閉店してました…

3番館北棟の地下1階〜6階までありかつてはダイエー京橋店(現在はイオン京橋店)と売上を競ったといわれるダイエーも今となっては地下1階〜1階の食料品売場以外はかつてのような賑わいがなくなってしまっているので正直久しぶりにきたんですけどやけに感傷的な気持ちになってしまいました。

▽3番館1階のダイエー入り口のスグ横にある「ドムドム」も9月30日についに閉店。

3番館の今後の予定

▽ダイエー、そして各種専門店が名を連ねた3番館の今後の案内はこんな感じ

10月末の3号館の完全閉店に伴い1号館の2階(おしゃれ雑貨のフロア)と3階(婦人衣料品のフロア)に食料品・日用消耗品のフロアとして11月初旬に「IEON FOOD STYLE by ダイエー」が新装オープン予定とのことです。

また1番館5〜6階も現在工事が行われているので新たな店舗が入居するかも。

▽ちなみに1号館の2〜3階も一部店舗を残しすでに営業が終了しておりこんな状態

食料品売場としての機能を1号館に移植、跡地には複合マンションが建設予定!

2017年秋をもって3番館は完全閉店、そして年内には解体工事が開始、跡地には地上16階建てで、地下1階~地上2階は商業施設、3階より上は387戸の大型複合マンション「(仮称)プラウドシティ阪急塚口」の建設が計画されているようです。

マンションに併設される複合施設にどんな店舗が入るのかも注目されます。

おおまかな3番館の今後の流れ

▽簡単に今後の流れをまとめるとこんな感じ

[flow] 2017年秋をもって3番館が完全閉店

※並行して1番館も工事中
[/flow] [sankaku][/sankaku] [flow] 3番館の閉店に伴い11月初旬に1番館2〜3階に食料品、日用品売り場
「IEON FOOD STYLE by ダイエー」
が移転新装オープン

[/flow] [sankaku][/sankaku] [flow] 3番館は2017年内にも解体予定
跡地には地下1階〜2階まで商業施設が入居する16階建ての複合マンション
「(仮称)プラウドシティ阪急塚口」
が建設予定(2019年着工、2021年完成予定)
[/flow]

さんさんタウン自体は存続でとりあえず一安心

この計画が実現されると阪急塚口駅前の雰囲気がガラッと変わってしまいそうですが再開発が進み土地価格うなぎのぼりのJR尼崎周辺のように盛り上がりを見せるようになると外から見た尼崎の印象がまた少しよくなりそうかも!

そしてどうせならいっそのことイオン、ららぽーとみたいな商業施設になって欲しいという思いが一瞬頭をよぎりましたが小さい頃からお世話になったさんさんタウンがなくなるのはやっぱり寂しい!

ということで3番館は間もなく無くなってしまいますが尼崎市民の想い出が詰まったさんさんタウンは1番館、2番館共に残りその名が消えるわけはないので一安心です!

今後の新生さんさんタウンの動向をこれからも注意深く見守っていきたいと思います!

”あまたび”が送る

尼崎の開店・閉店情報はこちら!

開店・閉店一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です