尾浜町にある「名月温泉」が閉店。地域に愛された銭湯が約56年の歴史にピリオド。

尾浜町にある銭湯「名月温泉」が9月30日をもって閉店してたみたいです。

大阪で8年間、この尾浜の地では昭和46年から営業していたようで、約56年の歴史にピリオドをうちました。

尾浜町の「名月温泉」が閉店。

「名月温泉」の場所は尾浜商店街内にありました。

住所は尼崎市尾浜町2丁目20-18になります。

▽地図はコチラ

▽外観写真

古き良き銭湯って雰囲気ですね。

店頭には貼紙も。

閉店の理由としては、建物全体および浴槽諸設備の老朽化によりやむを得ずのれんを下す決断をしたとのこと。

愛された「名月温泉」店頭には地域の方からの感謝の言葉が・・・。

上の「名月温泉閉店のお知らせ」にもチラッと写っていますが、店頭には地域の方から感謝の言葉が多数残されていました。

様々な閉店するお店を見てきましたが、この様な形で感謝の言葉が多数残されていたお店は初めてかもしれません。

地域の方に愛された証を残し、「名月温泉」は約56年という長い歴史にピリオドをうちました。