阪急塚口駅南側の「カツ男爵」が5/27で閉店してる、姉妹店の「餃子酒場満太郎」はモリモリ営業中

南塚口町にある「カツ男爵 塚口本店」が5月27日(月)の営業を最後に閉店していたみたいです。

尼崎市内で塚口と立花に2店舗ある「餃子酒場満太郎」と同じオーナーさんが経営されていたお店です。

阪急塚口駅南側のカツ男爵が閉店

店舗の場所は阪急塚口駅南側、駅から約徒歩3分の場所にあります。

5月19日(土)に新しく移転オープンした「ぎょうざの満洲 阪急塚口南口店」のすぐ近く。

住所は尼崎市南塚口町2-17-1

定番の串カツなどに加えて、ワニのタンやダチョウのモモ肉、バナナなど、看板に創作カツと入っているだけあって、他のお店ではなかなか味わえない珍しいメニューを楽しめるお店でした。

姉妹店の餃子酒場満太郎をご利用ください。とのアナウンスも

閉店をお知らせするビラには、カツ男爵の閉店に伴い姉妹店の「餃子酒場満太郎」をご利用くださいというアナウンスがされていました。

最寄りの「餃子酒場満太郎」は塚口駅の北側にあります。

▽カツ男爵からのルートはこちら

「餃子酒場満太郎」も蒸し・揚げ・焼きとこだわりのある数種類の餃子や、やかんで出てきて大人数で楽しめる「やかんハイボール」など、面白いメニューがありますので、まだ利用したことのない方はこれを機会に一度訪れてみてもおもしろいですよ!

開店・閉店の記事をもっと見る