LINE@開始!地元情報をラインでもお届け。

今週の尼崎の週間天気予報【2019年4月16日(火)~4月22日(月)迄】

毎週の尼崎の天気をお伝えする『今週の尼崎の週間天気予報』 ぜひお仕事やレジャーなどの参考にして頂ければと思います!

※天気予報及びコラムは4月15日11時気象庁発表のものを参考にしています。最新の情報につきましては気象庁のHPをご確認下さい。

今週の尼崎の週間天気予報【2019年4月16日(火)~4月22日(月)迄】

4/16(火) 4/17(水) 4/18(木) 4/19(金) 4/20(土) 4/21() 4/22(月)

4月16日(火)

最高21℃ 最低8

時間 0-12 12-24
降水 0% 0%

4月17日(水)

最高21℃ 最低12℃

時間 0-12 12-24
降水 30% 30%

4月18日(木)

最高22℃ 最低11℃

時間 0-12 12-24
降水 20% 20%

4月19日(金)

最高23℃ 最低14℃

時間 0-12 12-24
降水 30% 30%

4月20日(

最高22℃ 最低12

時間 0-12 12-24
降水 20% 20%

4月21日(

最高23℃ 最低13℃

時間 0-12 12-24
降水 20% 20%

4月22日(月)

最高21℃ 最低15℃

時間 0-12 12-24
降水 30% 30%

週間概要

日本付近でたびたび観測される黄砂。特に、春に観測されることが多く、尼崎市でも、今年は4月6日と7日に黄砂で空が白っぽくなりました。

黄砂は、中国大陸の砂漠などで巻き上げられた砂が、上空の西風に流されて日本付近に飛来します。見通しが悪くなるだけでなく、喘息や花粉症の症状が悪化したり、黄砂まじりの雨で車が汚れたりするなどの影響が出ます。

砂を巻き上げる主な原因は低気圧で、低気圧が日本付近を通過して雨が降ったあとは、尼崎周辺にも黄砂が飛んでくることがあります。低気圧が遠ざかると天気が回復することが多いのですが、「この雨のあとは黄砂が来るかも」と頭に入れておけば、影響を最小限に食い止めることが出来るかもしれません。

今週の尼崎市は、17日の水曜日19日の金曜日に雲が広がりやすくなりますが、そのほかは大体晴れそう。ただ、黄砂が近づきつつあり、今週も日本付近に黄砂が飛来する可能性があります。気温は平年より高めで、週の後半は最高気温が25度近くまで上がる日もありそうです。

※情報提供元(@amagasakitenki

気象予報士紹介

MEMO
気象予報士:木村 司(きむら つかさ)

尼崎市在住の気象予報士・気象防災アドバイザー。

現在毎週月曜日、尼崎旅~あまたび~にコラム執筆のほか、毎月第4木曜日に、FMaiaiのモーニングアベニューに出演中。ツイッター@amagasakitenkiでも、主に尼崎の天気に関する情報を毎日発信中。

【ひと言】 先月、気象庁から発表された長期予報によると、今年の夏の近畿地方は、上空の寒気や湿った空気の影響を受けやすい見通しです。尼崎市では、夕立などの激しい雷雨により、道路際の側溝から水が溢れ出し、道路に大きな水たまりが出来るなどの被害が考えられます