いざという時の為に!尼崎労働基準監督署の場所と役割など!

昨今ブラック企業の増加が取り上げられてみなさんも実は知らないところで影響を受けているかもしれません。そこで今回はこんなこと許されるのか!?最低賃金を下回ってるぞ!!など会社に関して不信な点を相談できる場所、労働基準監督署について。

 

場所と役割について

まずは尼崎の労働基準監督署がどこにあるか確認しておきましょう。

・住所 尼崎市東難波町4-18-36

・電話 06-6481-1541

 

なか卯の交差点を総合医療センター方向に進むでなんとなく分かって頂けるかと思います。
で、ここを何故確認しておくべきかというと労働基準監督署は労働に関するお悩み相談所だと思って下さい。
・残業代が支払われない

 

 ・休みがない

 

 ・最初の話と条件が違う

 

こういったことを相談解決してくれる機関です。尼崎にも数多くの企業があり我々尼崎市民と共に生きています。しかし従業員あっての企業だということを忘れている会社があるのもまた事実。従業員満足度の高い企業だらけの日本を目指して、まずはこの尼崎から発信していければ素晴らしいことですよね。その為にも尼崎市民の協力は不可欠です!

ただ会社に不満があるから駆け込むのはナンセンス

うちの会社ブラックなんですー!!といきなり来店されても対応は難しいですよね。なので労働基準監督署の行く際には以下の点を確認してから行きましょう!

・タイムカードのコピーはある?
タイムカードで勤務時間を管理している企業ならこっそりコピーをとりましょう。残業代の計算や深夜手当の計算などできるので必須です。

 

・最初の契約書はある?
契約書の条件と違うことは多々あります。なので契約書をお持ちであればそれを持っていきましょう

 

・給与明細はある?
メッシくらい決定的な仕事をしてくれるのがこの給与明細。できれば過去のも大事に保管しておいても損はないでしょう。

 

最後に

尼崎を愛してやまないからこそ尼崎の企業にも頑張ってもらいたいのです。なんでもかんでもブラックだという風潮も良くないですが、尼崎がより魅力的な町になるためにも労働基準監督署は市民を守ってくれますので何かあれば相談に行きましょう!