隠れインスタ映えスポット?「阪神電鉄 尼崎レンガ倉庫」で素人でも割とイケてる写真が撮れた

尼崎城が完成を迎え、より一層賑わいを見せる阪神尼崎駅周辺。

そんな中、同じエリアに悠然とたたずむ「阪神電鉄 尼崎レンガ倉庫」をご存知でしょうか。

普段何気なく見ていた歴史的建造物ですが、カメラを構えると思いもよらぬインスタ映え現象が…

是非、尼崎城観光に行かれた方は、ここにもお立ち寄り頂きたい。そんな思いから本日はご紹介させて頂きます。

尼崎の隠れインスタ映えスポット?「阪神電鉄 尼崎レンガ倉庫」

阪神尼崎駅の南側を降り、尼崎城へと向かう道中左手に「阪神電鉄 尼崎レンガ倉庫」があります。

地図はこちらです。

一際目立つ、赤レンガ作りの建物なので、すぐに見つけれられると思います。

「阪神電鉄 尼崎レンガ倉庫」は元々、火力発電所(旧尼崎発電所)として使用されていた建物で、現在は鉄道関連の資材倉庫となっているようです。

明治37年(1904年)竣工で100年以上の歴史を持つこの建物。

歴史的・文化的価値が認められ、現在も保存されています。普段は中に入ることはできませんが、外観だけでも十分にその歴史の重みを感じることが出来ます。

歴史的建造物だからこそ。これぞフォトジェニックな一枚を手にできる

レンガ倉庫をバックにあまたびメンバーゆーきを撮影したところ、思いもよらぬインスタ映え現象が。

少しばかり、足の上げ方など癇に障るところも有りますが、さすが100年の歴史を持つ赤レンガ倉庫。一瞬にして素敵な一枚に変貌させてくれました。ラインのアイコンなんかに使えそうですね。こちらの写真はスマホで撮影しています。

実際に、赤レンガ倉庫をバックに自身のオートバイを撮影されている方などもいるようで、まさに隠れインスタ映えスポットとして人気が高まりそうです。

今後、尼崎城完成により、多くの観光客が阪神尼崎駅エリアに足を運ばれると思います。冒頭でも話しましたが、この「阪神電鉄尼崎レンガ倉庫」もお立ち寄り頂き、素敵な一枚を収めてみてはいかがでしょうか。