LINE@開始!地元情報をラインでもお届け。

「カップヌードルミュージアム大阪池田」世界で一つのMYカップヌードル作り【お出かけスポット】

こんにちは、ガシです。

今回は「尼崎旅~あまたび~」お出かけ編として、「カップヌードルミュージアム大阪池田・安藤百福発明記念館」に行ってきました。

ラーメン博物館、ラーメン記念館とも呼ばれ、ご家族・カップルで楽しめるお出かけスポットとして連日賑わいを見せています。

なんとここでは、世界で一つの自分だけのオリジナルカップヌードルが作れちゃいます。

大阪府池田市にあるので、尼崎在住の方でも車で30分~40分程でアクセス可能です。

ガッツリ全貌をレポートしてきましたので、お出かけの際の一つの候補としてご参考にしていただければと思います!

入館料も無料!安くて楽しめる「カップヌードルミュージアム大阪池田」に行ってきた。

改めて今回やってきたのは、インスタントラーメン発祥の地「大阪池田」にあるカップヌードルミュージアム大阪池田・安藤百福発明記念館。

カップヌードルの上に立つことができるのは安藤百福さんぐらいでしょう。

安藤百福さんとは日清食品の創業者であり、もはや日本人で食べたことのない人はいないであろう、あのチキンラーメン・カップヌードルの生みの親です。ここ大阪府池田市の自宅裏に建てた小さな小屋でインスタントラーメンは誕生したみたいです。

「カップヌードルミュージアム大阪池田」が面白いと噂はかねがね聞いていたのですが、やっとこさ来ることができました。

現在、安藤百福さんと奥さんの仁子さんをモデルにしたNHK連続テレビ小説「まんぷく」が放送中で、会場内は特別企画展も開催されています。

特別企画展「チキンラーメンの女房 安藤仁子展」は2019年3月31日まで開催されているようです。

従って、地域限定商品などが自動販売機で販売されているテイスティングルームはこの期間利用できなくなっています。

とにかく、「まんぷく」効果もあってか私が思っていた以上のかなりの賑わいでした!沢山の人で溢れかえり、外国人観光客の方も多く見れられました。

それでは次で会場内をレポートしていきます。

圧巻のラーメントンネルはじめインスタ映えならぬラーメン映えが沢山。

初代から現在のインスタントラーメン約800種類が並んだラーメントンネル。見たことあるパッケージも沢山あり、思わず「懐かしい」と声が出てしまいました。

壁一面に積み上げられた圧巻のラーメン!これは写真を撮らずにはいられない…皆さんラーメンをバックにカメラを構えておられました。

こちらは「安藤百福とインスタントラーメン物語」。ラーメンの誕生から現在に至るまで、安藤百福さんの足跡をご覧になれます。ハンドルをぐるぐる回すと、中身が見れる仕掛けがあったり子供も楽しめる内容になっています。

そこにあった安藤百福さんの名言。

「時は命なり。刻一刻ときざむ時間はたしかに大切ではあるが、命がきざまれているのだ、と思っている人は少ない。そこまでの切迫感を持って、私は生きたい。周りの人にも、そうしてほしい」

時は命なりの言葉と安藤さんの生き様を体現したのが、まさに3分で出来るカップヌードルですよね。ほんと偉大です。

自分の身長より高いカップヌードルの断面図。こちらも沢山の方がカメラを構えていましたよ~!

こちらは「カップヌードルドラマシアター」。中ではカップヌードルの発明にいたるひらめき、エピソード、製造過程など約10分の映像が放送されています。意外と子供たちが食い入るように見ているのが印象的でした。

こちらは「チキンラーメンファクトリー」で「チキンラーメン」を手作りできる工房となっています。こちらは要予約の施設となっており、公式サイトの予約フォームから24時間インターネット受付が可能となっています。ただ2019年2月4日時点で、2月と3月は一日も空いていない状況です。恐ろしいくらい人気…。行きたい方はお早目のご予約を!

マイカップヌードルファクトリー!世界で一つの自分だけのオリジナルラーメンが作れる

さぁここからがカップヌードルミュージアムの醍醐味!世界で一つの自分だけのオリジナルカップヌードルが作れる「マイカップヌードルファクトリー」へ。

こちらは予約不要ですのでご安心ください。

上の写真が1階のメインの会場となりますが、この日はかなり混雑していた為、私は2階の会場に誘導されました!(1階の方が雰囲気は良い…)

まずは自販機で一つ300円の容器(カップ)を購入!まわりを見ていると、ご家族4人の方は容器4つと人数分購入されている方がほとんどでした。

お次はカップをデザイン。

会場内に準備されたペンで好きなようにデザインしていきます。

気付くと、私の息子はなぜか黒塗りを始めていました。(もっと明るい色にしろよ…)

好きなキャラの絵を書いたり、家族全員の名前を入れたり、「俺の麺」と豪快に書かれている方など、皆さん思い思いのデザインをされていましたよ!

記入が終わると、レーンに並びます。この日は15時頃に行ったのですが、20分くらい並びましたかね!でもワクワク感であっという間でした。

さぁお待ちかね!好きなスープ・具材をトッピング。スープの味は王道カップヌードル味からシーフード、カレー、トマトの4種類から。

具材は1つの容器に4つまでトッピングが可能となっています。バレンタインということで「LOVE」が描かれた特選具材も!選んだトッピングをお姉さんが丁寧に入れてくれました。

選び終わったら蓋をしてもらって最後はラッピング。

この機械を抜けると…

世界で一つのオリジナルカップヌードルの出来上がりです!!!

待ちきれんばかりに手を伸ばす子供たちです。

最後は可愛い容器に入れて完成!この日は、バレンタインと言う事で、バレンタイン仕様の包装(写真上)もありました。

この包装も無料で、最初の容器(カップ)300円を購入さえすれば、そこからプラス料金などは一切ありません!

めちゃくちゃ楽しめて、この安さ。大満足です。

子供たちにもどうやった?と聞くと「楽しかったで!」と言ってくれました。最近あまり何もしてあげれてないので、ちょっとホッとしましたね…。

2度楽しめて予算も約2000円!リーズナブルなお出かけスポット

そして、家に帰って子供たちは豪快に封を開け、実食。(結構な記念品なのに躊躇ないな…)

会場とお家で2度楽しめるのも良いですね!

お店で買うカップヌードルより、なんとなくうまい気がしました。そして、カップヌードルに愛着が湧いた一日でした。

 

いかがだったでしょうか。

入場料は無料なので、予算としては、カップ代(300円)×人数分+駐車場代くらいで、2000円あれば足りちゃいます。入館時間が15時半までで早めなのでそこだけ注意してください。

低予算で子供たちもめちゃくちゃ楽しんでくれますし、カップルで二人の思い出のカップルヌードルも作れる、まさにリーズナブルなお出かけスポットです。

「カップヌードルミュージアム」は全国で大阪池田と横浜にしかないのですが、ここ大阪池田が発祥の地という事もあり、より本家感を感じます。

是非、お出かけスポットがマンネリ化して悩まれている方は、「カップヌードルミュージアム大阪池田」を候補の一つに入れてみてはいかがでしょうか。

ラーメン博物館「カップヌードルミュージアム大阪」へのアクセス方法や料金の詳細

カップヌードルミュージアム大阪池田
開館時間
9:30 〜 16:30 (入館は15:30まで)
休館日
火曜日 (祝日の場合は翌日が休館日)、年末年始
会場住所
〒563-0041 大阪府池田市満寿美町8-25 (Google MAP
最寄り駅は阪急池田駅(徒歩5分)
入館料
無料
アトラクション利用料金
チキンラーメンファクトリー
小学生 300円 / 中学生以上 500円
マイカップヌードルファクトリー
1食 300円
駐車場
有(満車の場合はこちらの資料をご参考にしてください)
電話番号
072-752-3484
公式サイト
https://www.cupnoodles-museum.jp/ja/

※情報は記事執筆時点の情報です。
※添付の駐車場資料は2019年2月時の会場警備員にいただいたものです。