阪神尼崎のライブハウス「Deepa」が新たに「Scope」として今秋10月に復活!

2016年に惜しまれながらも閉店した、阪神尼崎にあるライブハウス「Deepa(ディーパ)」。

そんな「Deepa」が、新たに「Scope(スコープ)」と名前を改め、2018年10月に復活する…

そんな噂を耳にした私たちは現地に潜入して参りました。

2016年に閉店したライブハウス「Deepa」が改めて「Scope」として今秋復活!

新しくできる「Scope」は、もちろん尼崎「Deepa」が元々あった場所です。

尼崎中央商店街入口「松屋」横の地下1階に位置します。

8月下旬に伺ったときのライブハウス外観はこんな感じ。

現在、ピッチを上げて工事を進めているとのこと。

早速、中に入ってみましょう。

まだ、コンクリート剥き出しで、地下の魔界にでも行くような気分です。

中の現状はこんな感じ。

職人さん達が黙々と工事を進めておられました。

こちらが「Deepa」改め、新しく生まれ変わる「Scope」のオーナーであるサイトウ慎太郎さん。

サイトウさんは現在、3ボーカル1DJのユニット「サイトウキカク」のボーカルとしても活動し、同グループは今年にメジャーデビューも果たしています。着実にミュージシャンとしての階段を登っています。そんなサイトウさんの原点がここ尼崎のDeepa。

Deepaとの出会いは2005年。サイトウさんが10代の頃にDeepaにお世話になってたそうです。

初めてライブをしたのもここで、ワンマンをしたのもここ。また、喜びで笑い、悔しさで泣きと、とにかく思い出の詰まった場所と話します。そんな青春を過ごした思い出の場所が無くなったのがやっぱり寂しいと、尼崎Deepaを復活させる決意をされたようです。

当時は、ここに来れば誰かしらいる。そんな「みんなと会える憩いの場所」でもあったのがDeepaだったようで、また新たに始まる「Scope」もそのような場所にしていけたらと熱く語っておられました。

写真を撮らせて下さいとお願いしたときに、知らぬ間に小ボケも入れてくれる気さくなサイトウさん。インタビューをさせて頂きながら感じたのが、このDeepaへの思い入れの深さです。節々で「Deepaを立てたい、恩返しをしたい」との言葉が飛び、本当に心からDeepa復活に情熱を燃やしているのが伝わってきました。

その思いも繋がり、Deepa復活までのカウントダウンが始まっています。名前は新しく「Scope」と変われど、そのDeepaの魂は変わらず受け継がれます。

OPEN予定日は2018年10月7日。尼崎市に親しまれたライブハウスが戻ってくるのもあと少しです。

店舗情報

店名:Scope

住所:尼崎市神田中通2丁目17−2 毎日ビル B1F

サイトウキカクのMV動画|「5mi」

そんなサイトウさんのボーカルユニット「サイトウキカク」の楽曲がこちらです!是非ご覧になってみて下さい!

またOPENしましたら改めて伺ってみようと思います!

※今回の記事内容はテレビ「ほっとねっとベイコム」でも放送されます。

あまたびメディア出演情報

インタビュー記事をもっと見る