尼崎公害の終わりはいつ?【尼崎の記憶に触れる旅】

南部再生

南部再生表紙

「尼崎には公害があった」ー尼崎に通い始めてから何度か耳する言葉です。私がたまに店番をしている「二号店」でもバックナンバーを置いている情報誌「南部再生」は、尼崎南部再生研究室が発行しており、この団体は尼崎公害訴訟の和解金を活用して設立したそう。

 「公害」と一言で言っても、現実には一人ひとりの人生や思いがあるはず。いや、その前にそもそも尼崎公害についてよく知らない…そんなことに気が付きました。

今回は公害の歴史について、調べてみました。尼崎公害について、一緒に知って学んで行きましょう!

のん

尼崎公害の経緯

関西電力尼崎第一、第二、第三発電所(1964頃)兵庫県発行絵はがきより

関西電力尼崎第一、第二、第三発電所(1964頃)兵庫県発行絵はがきより

第一次世界大戦後の1910年代、尼崎のまちは工業化が進みました。鉄鋼業が発展したこともあり、1930年代には臨海部に火力発電所が複数建設されました。この頃から尼崎は阪神工業地帯の中核となり、「鉄のまち」と呼ばれるようになりました。複数の文献には、この時代から既に大気汚染や河川汚濁による健康被害があったとされています。

 この時代よりも被害が大きくなったのは、第二次世界大戦後の高度成長期時代。工場が増え労働者も増え、1960年代には工場の煙による大気汚染が進み、喘息や慢性気管支炎などの患者さんが増えていきました。他にも、地下水のくみ上げによる地盤沈下や、国道43号や阪神高速道路の整備による自動車の排気ガスの大気汚染が加わり、住民の健康被害が大きくなっていきました。

まちの発展と公害は切り離せない関係にあったんですね。

「公害」に対する動き

高度成長期の日本では、各地で公害が深刻化していました。1960年代後半から、産業発展と公害の因果関係も明らかになってきた背景もあり、1973年には公害健康被害補償法が発付され、「大気汚染指定地域」への指定と公害認定が進みました。

これにより、尼崎は南部を中心に市域の約3分の2が指定地域になり、補償に関する動きが活発になり始めました。公害病の認定は、医師や弁護士で構成する市単位の審査会が行い、尼崎では累計1万1208人が認定されました。

「認定」されずに苦しんでおられる方も大勢いらっしゃることも、知っておかないといけないですね。

のん

尼崎公害訴訟

『尼崎大気汚染公害事件史』

1988年3月、法改正により大気汚染地域指定は解除され、患者の新規認定も打ち切られることになりました。しかし尼崎市では、大気汚染はひどさを増していました。そこで、1988年12月、尼崎市の「尼崎公害患者・家族の会」が、国・阪神高速道路公団・電力、鉄鋼などの企業9社を相手とし、大気汚染物質の排出差し止めと総額約118億円の損害賠償を求めて裁判を起こしました。

10年以上にのぼる裁判の末、工場とは解決金支払いと今後の公害防止対策などを条件に和解が成立し、国・高速道路公団は健康被害を認め和解が成立しました。和解条項の「大型車の交通規制」条項の実現のため、2013年まで協議が続きました。

大きな力に屈せずに声をあげること、想像が及ばないようなことがたくさんあるのではと思います。

のん

公害に終わりはない

南部再生ホームページより

南部再生ホームページより

「尼崎公害患者・家族の会」は約半世紀にわたって大気汚染公害と闘い続け、2019年6月末に解散しました。2000人近くいた会員も100人にほどに減っていたものの、協議が終了した後も親睦活動などを行っていました。

訴訟を経て環境改善を進めるだけでなく、和解金の一部は、患者の健康回復や町の再生を図るための活動拠点「尼崎ひと・まち・赤とんぼセンター」や、情報誌「南部再生」を発行する「尼崎南部再生研究室」に使われています。

現在でも苦しんでいる方がいらっしゃること、公害を起こさないための取り組まれていること、その記憶が受け継がれていること、、これらを受けて「終わりを目指す」のではなく「どう生きていくか」を考え続けることが必要なのではないでしょうか。

次回からインタビューに行きます!

今回は、インタビューに向けての事前の準備として、尼崎の公害について調べてみました。まだまだ一部ではありますが、もっと知りたいという気持ちになりました。

次回から、実際にインタビューに行き、様々な方の尼崎公害の記憶にそっと触れさせてもらいます。どんなお話に出会えるのでしょうか。

のん

(P.S.もしお近くにお話してくださる方がいらっしゃいましたら、ぜひご紹介いただけますと嬉しいです!)

▽関連記事

新連載【尼崎の記憶に触れる旅】~ まちにある戦争体験 ~