音楽の力で地域活性化に貢献したい。尼崎出身レゲエアーティスト「EMPEROR」の思い

尼崎出身レゲエアーティスト「EMPEROR(読み:エンペラー)」

日本を代表するレゲエの二大フェス『横浜レゲエ祭』『HIGHEST MOUNTAIN』などにも出演し、今やレゲエ界では知らぬものはいない。

筆者はレゲエの知識はほぼ皆無であるが、上述の二つのイベントはそんな私でもさすがに知っている。

結成10周年を迎え、益々、活躍の場を広める彼らの今の思いに迫ってみる。

目指すは世界。
レゲエ界で活躍する尼崎出身アーティスト「EMPEROR(エンペラー)」

EMPERORのメンバー。左からJACKEY /ZUNGGU ZUNGGU / YO-CHANG / TAKU

この日は、別の媒体(REGGAE ZION)での尼崎凱旋取材があるということで、筆者も帯同させていただき、素顔を覗いてみることに。

彼らの音楽はレゲエサウンド(サウンド・システム)と呼ばれる。

サウンド・システムとは?

サウンド・システム (sound system) は、野外ダンスパーティを提供する移動式の音響設備、および提供する集団を指す。略して単にサウンドとも言う。ジャマイカの音楽史、 とりわけダンスホールレゲエにおいては欠かすことのできない要素である。

参照元:Wikipedia

簡潔に言うと、「DJ集団」がわかりやすいかもしれない。

EMPERORは、レゲエを知らない層の人の間でも有名な「尼の唄」でお馴染みTHUNDERと共同で行った全国ツアーも2年連続で成功を収めている。

「尼の唄」って知ってる?めちゃくちゃ心に染みる歌なんです。

EMPERORの活動は日本国内に留まらない。レゲエの発祥の地ジャマイカを始め、アメリカ、ヨーロッパと世界中を飛び回り活動している。来年の3月にも世界大会があるようだ。

こんなエピソードを聞かせてくれた。

「ジャマイカの方がYOUTUBEで僕たちの活動を見て、ジャマイカに呼んでくれたんです。現地に行って、何故呼んでくれたのかと聞くと、音楽のクオリティとMCのエナジーが良かったと話してくれました。」

言葉が通じずとも音楽の力が人を繋ぐ。そう語る彼らの言葉は、このような事例を見ると疑いようがない。

尼崎は変わらない原点
「世界でやっても尼崎を代表してとの思い・意識がある」

EMPERORの原点「Deepa」(現在は「Scope」に)

現在は7名体制で動いているEMPEROR。その中でも発足時からのオリジナルメンバーであるTAKUとjackeyは生まれも育ちも根っからの尼っ子である。

現在は「Scope」となっているが、前身の「Deepa」が彼らにとっての原点の場所だそう。数多くのイベントをここで行ってきたようだ。

阪神尼崎のライブハウス「Deepa」が新たに「Scope」として今秋10月に復活!

2人の出身校は昭和中学校(名称変更で現在は中央中学)

世界での活躍を続ける彼らには、ずっと心に置いているものがある。

「世界でやっても尼崎を代表してとの思い・意識がある」

こう話す二人の目は力が漲っており、自分達の原点でもある故郷・尼崎への思いはどこにいても忘れていないようだ。

結成10年を迎えた今思うこと
「音楽の力で地域活性化にも貢献したい。」

彼らは結成10年を迎える。

この中で様々な人と出会い、考え方も少しずつ変化してきたという。

「最初の頃は僕たちもギラギラしていました。ですが今はレゲエのジャンルを超えて、音楽の力で地域活性化にも貢献したい思いがあります。」

尼崎のパイナワーフさんにもよく通っているそう(写真右から3番目はパイナワーフの多田さん。)

尼崎でやってみたいことはあるかと問うと「レゲエのフェスだけでは無く、ほかのフェスにも参加してみたいです」と話します。

また「海外ではDJという職業があるほどで、BARなどでも音楽を流せるという環境が普通になっている。そんな場所が増えて、音楽で地域に貢献したい」とも。

 

10年という月日の中で、音楽が持つ無限大の力を様々な世界で見てきたEMPERORだからこそ、それを沢山の方に広げたい思いが筆者にも強く伝わってきました。

今後もEMPERORが尼崎に起こす風と、世界で輝く姿から目が離せません。

 

✔ 尼崎レゲエ祭2017 【ダイジェスト動画】

【お知らせ】
レゲエ専門ニュースサイトREGGAE ZIONで「尼崎散歩 〜EMPEROR 10th Anniversary special interview〜」が公開中です。併せてこちらもご覧ください。