【PUFFYも出演】伊丹グリーンジャム 2019初日(9月22日)の様子を徹底レポート!

こんにちは!あまたびのおでんです。
みなさま、3連休はいかがお過ごしでしたか?

兵庫県伊丹市昆陽池公園で開催されたグリーンジャム の様子

今回は、おでんとガシの2人で尼崎を飛び出し、伊丹市昆陽池公園で2日間に渡って開催された関西最大級の無料ローカルフェス「ITAMIGREENJAM’19(伊丹グリーンジャム2019)」の初日(22日)に行ってきましたので、その様子をご紹介します!

【関連記事】
伊丹グリーンジャム手作りの無料野外音楽フェス「伊丹グリーンジャム」にはなぜ2万人以上も集まるのか。

関西最大級の無料ローカルフェス「ITAMI GREENJAM’19(伊丹グリーンジャム)」とは?

兵庫県伊丹市昆陽池公園で開催されたグリーンジャム の様子2

伊丹グリーンジャムとは、ローカル(人)カルチャー(生活)の価値と可能性の証明をテーマに、兵庫県伊丹市昆陽池公園で開催された関西最大級の無料ローカルフェス。

ITAMI GREENJAM’19
開催日
2019.09.22(日)23日(月/祝)
開催時間
開演 10:00 / 終演 17:00
会場住所
昆陽池公園(Google MAP
入場料
無料

※イベント情報は記事執筆時点の情報です。このイベントは終了しました

兵庫県伊丹市昆陽池公園で開催されたグリーンジャム の多数のマルシェが出店

地元伊丹市の若手クリエイター集団が中心となり、「音楽」「アート」「ファッション」「デザイン」などの文化価値を活用して、音楽ライブだけでなく、飲食ブースやこだわりのショップが揃うマーケットエリアなど、1日を通して遊べる市民参加型のフェスとして注目を集めています。

あまたびメンバーも自然いっぱいの昆陽池公園で、美味しいグルメと音楽、ショッピングを楽しんできました!それでは当日の様子を詳しくご紹介します!

伊丹グリーンジャム の会場は自然いっぱいの「昆陽池公園」!

伊丹グリーンジャムの魅力の一つは、なんといってもこの自然豊かなロケーション!緑に包まれた空間で、テントやレジャーシートを広げて楽しむのも素敵ですね。

昆陽池公園は、都市部では珍しい野鳥のオアシスとしても有名のようです。まずはご挨拶も兼ねて「鳥神神社」でお賽銭をチャリンと投入!

こうした会場のデコレーションや設営準備も、全てイベントの趣旨に賛同したボランティアスタッフの協力で行われているというから驚きです!

親子で楽しめる!自然と音楽でいっぱいのキッズエリア!

最初にやってきたのは、子どもと一緒に音楽フェスが楽しめる「キッズエリア」。

遊具広場に、手作りの迷路など子どもが喜ぶ仕掛けが満載です!

昆陽池公園内には、授乳室やオムツ替え室、赤ちゃん休憩所など様々な設備が揃っているので、子育て世代のママも安心。伊丹グリーンジャムの来場者数の約半分が子連れのファミリー層なのも頷けますね。

「・・・パプリカ♪花が咲いたら晴れた空に種を蒔こう〜♪」と、奥ではJOYSOUNDがキッズカラオケを開催!

近い将来、グリーンジャム のキッズエリアから未来のアーティストが誕生するかもしれませんよ〜!子どもの頃から音楽やフェスの文化に触れられる伊丹グリーンキッズが羨ましい!

訪れている親子の笑顔、カラフルで可愛い空間に癒され、キッズエリアを後にしました!

伊丹グリーンジャム の「マーケットエリア」でお買い物!

合間にライブを楽しみながら、続いてマーケットエリアでショッピング!例年音楽ライブと同様に人気のエリアとなっています。

フェスファッションにぴったりの可愛い帽子の販売に・・・

アウトドアブランド「チャムス」のポップアップショップなど、総勢70ショップが出店。

革細工の体験店舗も。大人になってから思い返すきっかけになれば素敵ですね。

こちらは、ギターのストラップなど音楽をテーマにしたグッズの製作・販売をしている「708works」さん。自分好みの色を合わせて作る会場限定のレザーアクセサリーが販売されていました。

続いて、うたっておどれる似顔絵屋さん「このよはる」さん。普段は東京でライブ活動などをされているそうです。雑誌から出ていたような素敵な世界観に思わず見とれてしまいます。

雑誌「カジカジ」のポップアップショップも登場!

「顔パネルを使って撮影された方にステッカープレゼントしています!」との情報をいただき、早速撮影!カジカジのスタッフさんもノリノリで写ってくださいました(笑)

なんと、バックナンバーが破格の100円で販売されていたので迷わず購入。オリジナルステッカーもゲットして大満足です!

お腹が空いたら伊丹グリーンジャムの「フードブース」へGO!

お腹がすいてきたところで飲食ブースへ移動!揚げ物やカレー、ハンバーガー、スイーツ、ラーメンまで何でも揃っています。

フードエリアの中心には、真っ白のやぐらがあり、子どもたちが絵の具でお絵描きを楽しむ姿が見られました。我が子の夢中な姿にパパとママもにっこり。

KIRINのビールブースも。一杯500円で販売されていました〜!
昼間からビールを飲みながらステージを楽しむ。グリーンジャムなら、そんな贅沢な休日を満喫できます。

今回は、バスで旅をしながらパンを販売をする「ツキモバザール」さんでお昼ご飯をいただくことに。

有機食材と自家培養の酵母から作る自家製天然酵母パンが自慢のお店です。

「自家製さんまのコンフィとザワークラウト(600円)」を購入。さんまが丸ごと入っていてびっくり!

シャキシャキ野菜のマリネと出汁がジュワッと染み込んださんまの相性が抜群〜!ボリューム抜群で食べ応えもバッチリ。おいしかったです!

いよいよ伊丹グリーンジャム のライブステージへ!PUFFYの「伊丹コール」にグッときた!!

こちらは、午後14時ごろの会場の様子。
「生PUFFYが拝める〜!」と浮かれていたのですが、考えが甘かった〜! PUFFYの登場時刻が迫ってくると、会場はあっという間にぎゅうぎゅうに!(アーティストの写真撮影は禁止されています)。

小雨もパラパラ降り出す中、いよいよPUFFYが登場。身長156cmの私にはPUFFYの姿は確認できず。前方からは「きゃー!」「可愛い・・!」という歓声が聞こえてきて、もどかしい気持ちに(笑)!

残念ながら最後まで、PUFFYの姿は見ることができませんでしたが、生演奏を至近距離で楽しむという贅沢な時間を過ごさせていただきました!「愛のしるし」「渚にまつわるエトセトラ」など名曲のイントロが流れる度に鳥肌が・・・。幸せです。

地元の民ではありませんが、PUFFYの伊丹コールにはグッときました!

その後も、各ステージで様々なアーティストの演奏を聴いたり、フォトスポットで撮影したりと、伊丹グリーンジャムを満喫!

ボランティアスタッフの皆さんにも詳しいお話を伺いましたので、その様子は後日記事にしたいと思います!

夜は伊丹グリーンジャム の名物「ぼんだんす」で踊ろう!

だんだん日が暮れて、辺りはグッとお祭りモードに。個人的に楽しみにしていたのは、音楽ライブが終わった17時〜20時に開催されるNEWな盆踊り「ぼんだんす」

定番の盆踊りソングから「ダンシングヒーロー」などディスコソングまで、老若男女が本気のダンスを繰り広げる圧巻のイベントです!

終盤は飲食ブースを飛び出し、レッツぼんだんす!激しすぎてもはや自分が踊れているかどうかも分かりませんが、これがもう、 とにかく楽しい。日頃の疲れも、全部吹き飛ばしてしまうぼんだんすパワーを感じました!

最後に。来年も「ITAMI GREENJAM’19(伊丹グリーンジャム2019)」が開催されますように!クラウドファンディングは本日まで。

今回は、伊丹市昆陽池公園で2日間に渡って開催された関西最大級の無料ローカルフェス「ITAMI GREENJAM’19(伊丹グリーンジャム2019)」初日の様子(22日)をご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

例年、2万人以上を動員する伊丹グリーンジャム。今年も大にぎわいで幕を閉じました。あまたびメンバーも、1日を通しておもいっきり楽しませていただきました!

初日は途中小雨が降る場面もあり、2日目の開催が心配されていましたが、暴風警報も解除され、無事午後から開催されたそうです。

主催者の皆様、ボランティアスタッフの皆様、本当にお疲れ様でした。そして、素敵なフェスをありがとうございました。

民間100%で構成される「ITAMI GREENJAM’19(伊丹グリーンジャム2019)」。年々来場数が増えるとともに、「安全面の強化」と「運営スタッフの負担軽減」が次年度以降のイベント継続の鍵となっているようです。

今年は終了しましたが、クラウドファンディングも行われていたようです。

「今年伊丹グリーンジャム行って楽しかった!」というあなたも「来年こそ」というあなたも、来年は是非チェックしてみてはいかがでしょうか!

来年も再来年も、伊丹グリーンジャム が開催されますように!以上、おでんでした!

伊丹グリーンジャムについてもっと知りたい方は、イベントの内側に迫る『手作りの無料野外音楽フェス「伊丹グリーンジャム」にはなぜ2万人以上も集まるのか。』も要チェック!