尼崎城一枚瓦に思いを込めてみた。【イベントレポート】

2018年6月17日(日)尼崎城建設地で、尼崎城一枚瓦寄附の記名会が実施されました。

今回は尼崎城と同じく築城400年を迎える明石城のおひざ元、明石市の地域情報サイトを運営する「明石じゃーなる」さんと一緒に参加しました!

瓦に想いを書き連ねてきました。

尼崎城一枚瓦に想いを書き連ねてきた。

連日の雨から解放され、綺麗な青空が広がった記名会当日。

晴れている、たったそれだけで気分上々。

この日は工事現場の中まで入ることができ、改めて近くでお城を見てみると本当にご立派!

こんな大層なお城を重機も無い時代によく作ったなぁとしみじみ。徳川家より厚い信頼を置かれていた初代城主である戸田氏鉄(別名:左門)さんには脱帽。あなたのお城がもう少しで尼崎市民の力で復元されますよ。

大体の骨組みは出来上がって、あとは細部を仕上げて行く段階ですね。

尼崎城のラッピングカーも登場してました。

あくまで私の予想ですが、”あ”は尼崎のあで、46-15は「城行こ」ですか?たまたまだったらロマンチックですが。(笑)

それと鯱瓦の姿も。もう一生こんな近くでお目にかかれないと思い、写真撮っちゃいますよね。

いざ尼崎城一枚瓦の記名会!

晴天の元、皆さん笑顔で思い思いのメッセージを一枚瓦に記名しています。

自分の名前、家族全員の名前、将来の夢、豊富、感謝の言葉、お城の絵などなど書き方は人それぞれ。これから何百年、何千年と尼崎城を守る瓦として残ります。

我らも瓦を頂き、いざ記入。

明石じゃーなるさんと一緒に「何、書きましょうか」タイム。(笑)

瞑想開始。

なお瞑想

来た。

こんな感じに仕上げました~!

どこ出身ですか?と聞かれて、胸を張って「尼崎です!」って言える街に。そんな思いを我ながら込めました。

「尼崎なんです↓↓」じゃなくて「尼崎なんです↑↑」で行きたい。切なる願い。あんまり記事内でお堅いこと言いたくないですが、私たちの役目は地域と人を繋ぐことだと思っています。これからも尼崎の魅力を映し出していきます。そんな想いもこの瓦に込めて。

明石じゃーなるさんお祝いの言葉ありがとうございます!!(笑)あとから可愛い城の絵も足されてました♪

尼崎城の完成は今秋。ワクワクしますね!

岩田剛典じゃないけど、本当にワクワクしますね!

一般公開は来春を予定していますが、完成自体は今秋の予定。足場で覆われている部分が無くなった時の光景が早く見たいです!!

・尼崎城の工事過程を掲載中。

工事中の尼崎城・天守閣の現在のようす【2018年7月上旬】随時更新中!

・尼崎城の歴史など城についてのまとめページ

尼崎城が復元!歴史から最新情報まで丸わかりページ【尼の新名所】