あまらぶアートラボA-Lab(えーらぼ)で「アイデンティティのキキ」開催!2/22~

あまらぶアートラボA-Lab(えーらぼ)で「アイデンティティのキキ」開催!2/22~

2020年2月22日~3月30日(月)、あまらぶアートラボA-Lab(えーらぼ)で『A-Lab Exhibition Vol.22「アイデンティティのキキ」』が開催されるようです。

この情報は兵庫県尼崎市の地域情報サイト「尼崎旅~あまたび~」がお届けします!

あまらぶアートラボA-Lab(えーらぼ)で「アイデンティティのキキ」開催!2/22~

 A-Lab Exhibition Vol.22「アイデンティティのキキ」

 A-Lab Exhibition Vol.22「アイデンティティのキキ」

(1)あまらぶアートラボ「A-Lab」について
あまらぶアートラボ「A-Lab」は、使用されていなかった公民館をアート発信基地にリノベーションし、2015年秋にオープンしました。若手アーティストの発表・創作の場として活用することで、若い人の夢やチャレンジを通じて、子どもたちを始めとする市民が芸術に気軽に触れ、体験できる身近な施設にするとともに、アートを通じたまちづくりを展開することで本市の新たな魅力の創造を目指しています。年5回展覧会を開催しているほか、トークイベントやワークショップを行っています。

(2)展覧会について
この度A-Labでは、展覧会「アイデンティティのキキ」を開催します。キキには危機、記紀、奇奇、嬉々などの言葉の意味が込められています。この展覧会はあまらぶアートラボ(A-Lab)の架空のヴュジアルアイデンティティ(VI)を、ヨーロッパと日本のデザイナー3組がデザインする展覧会です。語られることの少ない、アートセンターや美術館のVIを通じて、文化施設のあり方やデザイナーがどのように課題に取り組んでいるか、その思考のプロセスについて考える企画です。

ギャラリートークやワークショップも開催

・ギャラリートーク
日時:2020年3月14日(土) 午後2時から。
定員:先着30人。当日直接会場へ。
スピーカー:後藤哲也、西まどか(アイデア編集長)

・ワークショップ
①【講師:マーカス・マヘチャ】 2020年2月29日(土) 午後1時30分から午後3時(予定)

②【講師:グレゴリー・アンボス+鈴木哲生】 2020年3月15日(日)午前10時から午後5時(予定)

「アイデンティティのキキ」の会場アクセスや開催時間は?

「アイデンティティのキキ」
開催日
2020年2月22日(土)から2020年3月30日(月)
開催時間
(平日)午前 11 時~午後7時
(土・日・祝)午前 10 時~午後6時
会場住所
あまらぶアートラボ「A-Lab(えーらぼ)」
兵庫県尼崎市西長洲町2-33-1(Google MAP
入場料
無料
公式サイト
あまらぶアートラボ「A-Lab(えーらぼ)」公式サイト

※イベント情報は記事執筆時点の情報です。

イベント関連記事

杭瀬中市場で行われるフリーマーケットの「ドリームマルシェ」のイベントフライヤーです。更新|6/12・13 杭瀬中市場で「Dream Marché」開催!今後は杭瀬中で定期開催11月1日|尼崎21世紀の森で「AMAGASAKI2020」開催5月31日(日)「尼崎オンライン公民館」開催!ネット上が地域住民との交流の場に【あまたびも出演】

イベント記事の一覧を見る