工事中の尼崎城・天守閣の現在のようす【2018年7月上旬】随時更新中!

尼崎城について更に深く知りたい方はこちらでまとめています!

尼崎城が復元!歴史から最新情報まで丸わかりページ【尼の新名所】

※今御覧の記事では尼崎城が大きくなっていく姿を記録しています。

阪神尼崎駅南側の城址公園内に建設されている尼崎城の工事の様子を見てきました。

ミドリ電化(現エディオン)の創業者・安保 詮(あぼ あきら)さんが「お世話になった尼崎に恩返しがしたい」という一心で、私財を投入して天守閣の復元を尼崎市に打診、復元にかかる費用は10億円超、しかも建築後は尼崎市に寄贈されるというなんともスケールの大きい素敵な話!

尼崎城の築城400年を迎える来年、平成30年の完成を目指して、着々と工事が進行しています!

住所は尼崎市北城内です。

▽地図ではこちら

来秋完成予定の尼崎城の現在のようす

庄下川沿いから歩いていくとフェンスバリケードが立ち並んでいます。そこを通り抜けていくと…

▽ちょうど中央図書館の入口前に工事現場の入場門があります。

▽現場入り口に掲示されている建設業の許可票

工事の注文者である施主の欄には、もちろん安保詮さんの名前が。

▽完成予想図も掲示されていました。

庄下川から臨むお城の天守閣、めっちゃいい感じです。

天守閣内には清洲城(愛知県清須市)や、大垣城(岐阜県大垣市)など各地のお城を視察した時に、階段の昇り降りに苦労した経験を活かして、エレベーターを設置してより多くの人に訪れてもらおうという配慮も。

阪神尼崎駅のホームからもバッチリ見えると思うので尼崎の新名所として燦然と輝く未来が見えますね!

中央図書館の2階入り口から撮影※随時更新中!

2017年11月下旬

2018年1月下旬

2018年2月下旬

尼崎城

2018年3月下旬

桜がきれいに開花していた為、いつもとはほんのちょっと違うアングルから撮影。

未だ、外観はシートに覆われていて確認できませんが、2月下旬の頃よりもさらに高さが出ました。

石垣も2月に比べると、着実に積み上げられています。石垣のお目見えでさらにお城感が出てきましたね!

2018年4月下旬

3月に比べて、さらに少し高さが増しているのと、石垣の工事がかなり進んでいる様子。

ガラリと変化しているわけではありませんが着実に完成に近づいています!

2018年5月下旬 

先月と比べると、石垣の工事が進んでいること以外、あまり変化が無さそうに見えます。(それだけ工事が完成に向かっているということでもあります)

が!正面に回ってみると…

瓦が葺かれてる!

石垣に続いて、“お城感”としてもすごい大事な部分がついに姿を現していました。

しかも、この瓦の裏には一枚瓦寄付をした色んな人の名前やメッセージが記されてるんですよね。なんか素敵。

NEW! 2018年7月初旬

シートに覆われていた部分が、少しづつ見えるようになってきました。

ズームしてみると、シャチホコもついにお目見え!

来年3月28日に記念式典を、翌29日から一般公開が開始という情報も発表された尼崎城。

今秋の完成に向けて、残り数ヶ月、引き続き追っていきます!

尼崎城の建築記録タイムラプス動画の製作企画も進行中!

“みんなで尼崎城再建記録タイムラプス動画をつくろう”という企画も進行中です。

尼崎城すぐそばにある中央図書館2階入り口に設置されている撮影台から写真を撮影して、集まった画像をつなぎ合わせて一枚の動画のような映像を作成しようという企画です。

詳細は下記よりご覧ください。

みんなで尼崎城再建記録タイムラプス動画を作りませんか?/尼崎市

尼崎市では、平成28年度から5年間で、かつて尼崎城があった城内地区を「歴史文化ゾーン」として整備する計画を発表しています。歴史の町・尼崎をアピールするうえで、欠かせない尼崎城・天守閣の復元計画、来秋の完成が待ち遠しいですね!

今後も定期的に足を運び、現在の様子をお伝えしていきたいと思います。