武庫之荘にオープンした筋膜療法の整骨院【セラピスト放浪記vol.4】あずま整骨院編

セラピストとは

日本語に直すと「療法士」や「治療師」を指します。つまり、それぞれの専門知識を駆使しながら人を癒す事を生業としている人達の事。

尼崎には沢山のセラピストがいる
目の前の人の心や身体に寄り添う日々
それが私たちセラピストの役割

シン

どうも。塚口の路地裏で整体院HARPOを運営しているシンです。噂が噂を呼び嵐を起こしている自称スーパーハリケーン人気企画:尼崎セラピスト放浪記の第4話。今回も尼崎で活躍するセラピストの魅力をお伝えできればと気合いを込めて書き紡ぎます。

※ここをもっと詳しく知りたい!などの要望などあればお気軽に、そして温かい気持ちであまたびまでご連絡ください!(ライターしてみたいと思った方からのご連絡もお待ちしています)


今回は武庫之荘でオープンしたばかりの整骨院を運営する【東勇樹さん】の施術を受けるの巻。国家資格である柔道整復師の資格を持つアズマさん。治療家のキャリアは15年目。私とほぼ同じなので同期感が嬉しい。これまで大手整骨院で修行を積み、様々な勉強会に足を運び、今年、自分の院を武庫之荘にてオープンしました。

それではいってみよう!

第4話:武庫之荘の整骨院:あずま整骨院編


この取材で初めてお会いしましたが、優しかった。一見寡黙そうな印象も受けましたがリアルにお会いして話してみると、しっかりと話に耳を傾けてくれた。包み込んでくれるような雰囲気を味わいながら取材を進めることができました。

縁が縁を呼ぶ

アズマさんと知り合ったきっかけ・・・ある日、アズマさんは武庫之荘のパイナワーフにオープンチラシを持っていったとさ、偶然そこに居合わせたのが「あまたび」のまもる君だったとさ。それらの縁が縁を呼びセラピスト放浪記の取材をさせて頂くことになりました。人から人へ。こうやって自然に繋がる事ができるのは心地いい。ナチュラル!

これまでに取材をさせて頂いたセラピストの皆さんはセラピスト放浪記の話をオファーした際、2秒でOK返事をくれます。嗅覚と反射神経は大切。少しでも「面白い」の匂いがするのならば、とにかく2つ返事をする。ややこしいことは後から考える。時に、そんな反射神経も大切なんではないだろうか。


初対面ながら取材前に話し込んでしまうの様子。私の止まらない話も優しく聞いてくれる謙虚な方。


これまでの経緯や治療スタイルなどなど聞くことはたくさんあります。楽しいのぉ。アズマさんは空手、野球、アメリカンフットボールの経験者。絶対強いやん。怒らしちゃダメだな!笑

しっかり分析して、しっかり施術する

まずは最新の姿勢分析機器を使って隅々まで姿勢を分析する。こういうのもあるんだなぁ・・・(独り言)

正面・横・後ろ
全方向からの姿勢を分析をします。

分析した結果がバババンッ!と出る。

デ、デジタルじゃんか!

さ、最先端じゃんか!

姿勢の分析結果を元にこれから
起こりうる症状を予測してくれます。

私の場合だと、
頭痛やイライラ・冷え性・息切れなどなど。
このまま放っておくと現れるかもしれない症状。
と同時に、現在の症状の傾向も予測する。
言わずもがな、個人個人の結果は違う。

うーーーーむ。

画像と照らし合わせながら説明してくれます。
説明を受ける側からすると
とてもわかりやすい。
これがまた安心につながるんだよなぁ(独り言)


弱化している筋肉にはこういったケアがいいですよ、と提案してくれます。なるほど、こりゃ効率的で素晴らしい。視覚で理解するのは大事だねぇ。自分だけのケア方法をゲットできる。

姿勢分析とその時の症状を元に整形外科検査を行います。左右の筋力チェックを行い症状の原因を絞り込んでいきます。

はい、力入れて下さいね。

むんっ!!

こっちは正常だけどこっちは力が入り辛い、など
自分の身体の左右の違いを体感する事ができる。
検査は的確に施術するための情報収集です。

筋膜療法

あずま整骨院の目玉の一つがメディセルという医療機器を使っての筋膜療法。前々から存在は知っていましたが、実際に受けるのは私も初めて。メディセルとは筋膜吸引装置。皮膚・リンパ・筋肉・筋膜に対してアプローチする機器です。筋膜を吸引しながら癒着を剥がしてくれます。それら組織の滑走性をつける事で体液循環を良くして急性・慢性症状を取り除く事ができます。

筋膜とは
昨今、筋膜という言葉が巷を賑わせております。ウィキペディアによりますと→皮膚下にあって脊椎動物の筋肉やその他内臓を結合・安定化し、包みこみ、分離する主にコラーゲン質の結合組織・・・ふんぬー!小難しいわ!

簡単にいうと筋肉や骨、内臓などは膜で包まれています。筋肉を包んでいる膜が筋膜。たとえば、右の鎖骨付近の服を右へ引っ張って下さい。そうすると左の首・腕ぐらいまで服が引っ張られる感覚おわかりでしょうか?このように筋膜は繋がっています。筋膜は全身をつなぐネットワーク。筋膜が癒着することで身体のアンバランスを引き起こす。姿勢の歪みも筋膜が大きく関わっています。慢性肩こりや腰痛は筋膜の癒着により慢性化している事が多いです。もっと詳しく知りたい方は個人的に聞いて下さいませ。

 

いま、わたし、筋膜、

吸引されておりますの。

受けている感覚としては、かるーく皮膚を吸われている感じ。特に気持ちいいとかそういう類のものではありません。硬くなった筋膜を丁寧に剥がされている感じがして、刺激された部位が徐々にホクホク暖かくなっていく。血流が促進されている証拠。暖かくなると身体がどんどん気持ち良くなります。

どんどん心地よくなるで。


目がトローーーン。

からのぉ

覚醒
覚醒
覚醒
覚醒!!

目がキラリーーン!

メディセル機器を使って筋膜を緩めた後は検査により抽出された緊張で固まっている部位の施術です。

私の肩の痛みは首の緊張が大きく影響しているらしい。首を入念に調整してもらいました。

関節の動きや筋肉の状態を整えてもらいます。痛くはなく心地よい刺激の連続で可動域も広がっていく。
施術後は動き辛かった肩もグングン動くようになりました。ありがとうございました。

「やりかた」なんてなんでもいい

アズマさんは言います。
目の前の人が元気になるのなら「やりかた」なんてなんでもいいと思うんです。

わかる〜
それ、わかるわ〜
同感じゃい!!

激烈に共感する部分なので私のテンションも上がります。「やりかた」「方法」なんてセラピストによって違って当たり前。「やりかた」は目の前の人を元気するための「手段」でしかない。学んできたことも、センスも、感覚も違うのだから表現は違って当然。でもね、私達の業界は協会や流派などが無数にあり閉鎖的になってしまう部分もあります。いい意味でも悪い意味でも縛りや同調圧力を感じる事がある(あ、こんなこと言ってどこかの誰かに怒られたらどうしよう。ま、いいか。笑)

自分に投資し続け何年もかけてコツコツ磨いてきた技術なのだから自信を持って提供したい。そのためには柔軟に色々な「やりかた」を学んで視野を広げて、自分で仕事を創る事が大切。アズマさんとはそういった部分でも波長が合いました。

どんなやり方だっていい。技術なんて無数にある。目的さえブレなければ手段はなんでもいい。アズマさんは、強い意志を持ってこれから武庫之荘でセラピストとして表現していくんだろうなぁ。良い刺激を頂きました。ありがとうございました。

私も熱くなり、取材終了後も外の暑さを忘れて話し込む。HOT!HOT!

あずま整骨院
営業時間
9:30−12:30
15:00-20:00
定休日
水・土は12:30まで。
日曜日は定休日。
住所
兵庫県尼崎市南武庫之荘1−12−17(Google MAP)
駐車場
直接お尋ねください。
電話番号
06−6430−9640
公式サイト
あずま整骨院(HP)

※店舗情報は記事執筆時点の情報です。

【セラピスト放浪記】その他の記事はこちら

武庫之荘にオープンした筋膜療法の整骨院【セラピスト放浪記vol.4】あずま整骨院編簡単5分!整体師が教える自粛期間中の身体と心に嬉しい全身ケアの体操塚口のタイ古式マッサージの真髄に迫る【セラピスト放浪記vol.3】ジムサヤーム編武庫之荘のムダ毛バスターの魅力に迫る【セラピスト放浪記vol.2】脱毛サロンNICO+編立花のスポーツマン整体師の人気の理由を探る【セラピスト放浪記vol.1】整骨院BOND編

関連記事

「整骨整体院Bond」の施術体験レポ!尼旅編集部”レオ”の体がみるみる緩む。 【杭瀬】尼崎のおいしい手土産ならココ!『丸徳甘味工房』の夏にぴったりなサマーケーキを食べてみた!塩ダレ&カリカリ衣がウマイ!『からあげ専門店つばさ』の唐揚げ丼を食べてきた!阪神尼崎駅前の「茶カフェ&ダイニング桜里」期間限定でテイクアウト&デリバリーも。健康記事の一覧を見る